ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

「歯と口の健康に関する健康サポート事業」の協定調印式と記者会見を行いました!

みなさん、こんにちは。
ビジネス開発センターの「かっしー」です。

2021年、ライオンは経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向けた経営戦略の中に、「サステナビリティ重要課題への取組み強化」を掲げ、最重要課題である「健康な生活習慣づくり」に対する取組みの一環として、新たな事業アクション「インクルーシブ・オーラルケア」を推進しています。

「インクルーシブ・オーラルケア」とは、オーラルケア格差から、現在注目されている健康格差へアプローチする活動です。
生活環境、身体、教育・情報などのさまざまな状況により、お口のケアが十分にできない方々がいます。
健康はオーラルケアと密接に関係しているという事実に基づき、お口のケアを通じて、人が本来持っている「健やかに生きる力」を引き出し、育む習慣をみんなのものにしていくことを目指します。

経済的困窮家庭で育った子どもたちは、そうでない子どもたちと比べ、他者から褒められること、親以外の大人とのコミュニケーションをとることや、歯みがきなどのライフスキルの獲得体験が不足しており、自己肯定感が著しく低いケースがあります。

そこで、子どもたちの食を支える「こども食堂」や「こども宅食」を通じ、「食」と親和性の高い「歯みがき」や「歯と口の健康」をテーマにした体験プログラムを提供し、子どもたちの自己肯定感の向上に貢献する「インクルーシブ・オーラルケア」の取組みを実行していくことにしました。

この取組みを持続可能な仕組みとして推進するため、2021年3月8日、ライオン本社にて、ライオン株式会社、認定NPO法人フローレンス、NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえの3社で、「歯と口の健康に関する健康サポート事業」に関する協定を締結し、その調印式ならびに記者会見を行いました。

 

3社での協定締結の調印式(左:フローレンス 駒崎 弘樹 代表理事、中央:ライオン 掬川 正純 社長、右:むすびえ 湯浅 誠 理事長)

3社での協定締結の調印式
(左:フローレンス 駒崎 弘樹 代表理事、中央:ライオン 掬川 正純 社長、右:むすびえ 湯浅 誠 理事長)

当日は、3社それぞれの立場から、現在の活動についてお話いただいたことで、コロナ禍にて、相対的貧困家庭の子どもたちが一層厳しい状況に立たされていることを、改めて認識しました。

そして、こうした状況を打破するための一歩を踏み出すことこそが喫緊の社会課題であり、本取組みにおける活動をしっかり推進して広げていくことで、少しでもお役に立ちたい、という思いを強くしました。

昨年末、とあるこども食堂にて、本プログラムのために作成した「歯みがきダンス」を試験的に実施しました。
歯科衛生士による歯と口のクイズから始まり、たくさんの子どもたちが積極的にダンスを踊って大いに盛り上がり、楽しく歯科の知識をお伝えできたのではないかと感じました。

同時に行った「歯ブラシデコレーション」も大盛況で、子どもだけでなく大人も夢中になっており、家族で楽しく歯みがきをするきっかけとなったのではと思いました。
歯みがきやお口の健康について楽しみながら学び、さらに子どもたちの自己肯定感の向上という目指す姿の実現に対して、確かな手ごたえを感じることができました。

  • 「歯みがきダンス」プログラム

    「歯みがきダンス」プログラム

  • 「歯ブラシデコレーション」プログラムで楽しむ参加者

    「歯ブラシデコレーション」プログラムで
    楽しむ参加者

今後は、フローレンスさん、むすびえさんの活動ネットーワークを活用させていただき、多くの子どもたち、保護者、家庭へ、この「健康体験プログラム」を通じた体験を届ける取組みをサステナブルに推進していきたいです。

そして、この取組みによって、まずは、オーラルケア意識が高まり、オーラルケア習慣が身につくことによって、健康な生活を送り、自己肯定感の向上に結びついていくことを期待しています。

また、一人ひとりの口腔健康を守っていくために、ライオンのオーラルケア製品が少しでもお役に立ち、そして選ばれる存在であり続けたいと願っています。

一覧に戻る

ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します