ページの先頭です

一人ひとりの「心と身体のヘルスケア」の実現に向けて

経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向けて、ライオンは、人々を健やかにする習慣をもっとさりげなく、楽しく、前向きなものに“リ・デザイン”していきます。
日々の習慣を「めんどう」から「らくちん」へ。
「やらなくちゃ」から「やりたい」へ。そして、「わざわざ」から「いつのまにか」へ。
今までにない新しい視点から、まだ見たことのない幸せをつくり出し、人々の「心と身体のヘルスケア」に貢献していきます。
これこそが、ライオンの存在意義「パーパス(Purpose)」であると考えています。

当社は「事業を通じて社会に貢献する」という創業者小林富次郎の精神を受け継ぎ、一人ひとりの「心と身体のヘルスケア」の実現に向けて、健康、快適、清潔・衛生分野を通じてサステナブルな社会の発展および地球環境に貢献する活動に取り組んでいます。
また、当社の事業を継続するためには、事業所の所在地などゆかりのある地域との共生が必要であることから、地域の住民の方々や行政、市民団体などと連携をはかり、地域社会の課題解決に取り組んでいます。さらに、事業に関連した啓発活動に従業員一人ひとりが参画する機会を増やすことで、高い社会・環境意識をベースに新しい価値を生み出す人材の育成につなげます。

ライオン サステナビリティ レポート2019

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します