ページの先頭です

健康な生活習慣づくり

基本的な考え方

ライオンは、創業以来、人々の健康な毎日を目指して、商品・サービスの提供とともに、生活者への普及啓発活動や情報提供を推進し、「健康な生活習慣づくり」を提案しています。
日本のみならずアジア各国・地域において、健康、快適、清潔・衛生分野を通じてサステナブルな社会の発展および地球環境に貢献する活動に取り組んでいます。また、当社の事業を継続するためには、事業所の所在地等ゆかりのある地域との共生が必要だと考えています。地域の住民の方々や行政、市民団体等の皆様と共にパートナーシップを取りながら、地域社会の課題解決や活性化に取り組んでいます。さらに、事業に関連した啓発活動に従業員一人ひとりが参画する機会を増やすことで、高い社会・環境意識をベースに新しい価値を生み出す人材の育成にもつなげます。
世界の人々の「健康で快適な毎日」と「健康寿命の延伸」に向けて、毎日の習慣を、もっとさりげなく、楽しく、前向きなものへと“リ・デザイン”することで、「心と身体のヘルスケア」を実現します。

経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向けて、ライオンは、人々を健やかにする習慣をもっとさりげなく、楽しく、前向きなものに“リ・デザイン”していきます。
日々の習慣を「めんどう」から「らくちん」へ。
「やらなくちゃ」から「やりたい」へ。そして、「わざわざ」から「いつのまにか」へ。
今までにない新しい視点から、まだ見たことのない幸せをつくり出し、人々の「心と身体のヘルスケア」に貢献していきます。
これこそが、ライオンの存在意義「パーパス(Purpose)」であると考えています。

全体像

取り組み

ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します