ページの先頭です

持続可能な原材料調達方針

(1)基本方針

    ライオングループは、人権・労働問題や環境問題など、事業が持続可能な開発に与えるリスクを認識し、持続可能な原材料の調達に取り組みます。国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)の目標12「つくる責任 つかう責任」、目標15「陸の豊かさも守ろう」、および、当社の「環境方針」で示した「人々の健康や自然生態系、生物多様性を保全するための自然との共生に配慮」に沿って、「森林破壊ゼロ(※)」を支持します。
    ※:森林破壊ゼロ(森林減少ゼロ、泥炭地開発ゼロ、労働搾取ゼロ)

(2)目標

    ライオン国内グループの消費者向け商品に使用するパーム油・パーム核油およびそれらの誘導体、紙・パルプ、木材について、2030年末までに、第三者機関の基準を満たす持続可能性に配慮されたもの、または再生品を調達することを目指します。

(3)対象

    商品の原材料・包装(個装、外装段ボール・内装箱)・説明書類、パンフレット・冊子類、オフィス用品

2019年7月1日制定
ライオン株式会社