ページの先頭です

研究活動:基盤技術研究:香料技術

柔軟剤の香りと色のクロスモーダル効果に関する研究

柔軟剤は、近年、香りに対する生活者の期待値が高く、常に香りの流行を捉えながら、香料開発を行っています。しかし、より満足度の高い香りを実感してもらうためには、店頭でその柔軟剤を手に取ってもらう必要があります。そこで、柔軟剤の購買行動に着目し、柔軟剤の香りと容器デザインの関係性について、25~54歳女性を対象とした調査を実施し、その結果、柔軟剤の香りと容器の色の一致性がヒトの嗅覚と視覚に相互的な影響(クロスモーダル効果)を及ぼす傾向が認められました。
この研究成果がお客様の購買意欲に繋がるものと考え、現在、製品開発へ応用しています。
本研究内容は、昨年、スコットランドで開催された国際学会Pangborn 2019にて、” Verifying the interactive effects of fragrance and color for improving values of the fabric softener ” の演題で報告しました。

香料技術 研究事例紹介