ページの先頭です

環境方針

ライオングループは、商品の開発から原材料等の調達、製造、流通、販売、お客様の使用・廃棄までのすべての過程で、地球環境に配慮した事業活動を推進し、環境への負の影響を可能な限り減少させるよう、自主的・積極的に行動します。
地球規模で広がる様々な環境問題に対しては、当社グループの強みや技術を活かし、脱炭素社会と資源循環型社会の実現に向けた取組みを推進し、「人と地球の健やかな未来」の実現に貢献します。

  1. 持続可能な社会をめざす
    環境マネジメントシステムを推進し、継続的な維持、改善により地球環境の保全を行う。
  2. 法的およびその他の要求事項の遵守
    環境保全に関する法規制の遵守、イニシアチブやステークホルダーの要請に対し、自主的な行動基準を設定して実行する。
  3. 環境目的、目標の設定と実施の検証
    事業活動における環境影響を的確に捉え、技術的・経済的に可能な範囲で、改善の目的および目標を設定するとともに、環境マネジメントプログラムを策定、実施し、その実施状況を定期的に検証する。
  4. 環境配慮商品・サービスの提供
    ライフサイクルアセスメントの視点に基づく環境に配慮した商品・サービスの提供を積極的に推進する。
  5. すべてのステークホルダーと協働した環境負荷の低減
    原材料調達先や外部生産委託先、販売先など事業活動に関わるすべてのステークホルダーと協働し、開発・調達からお客様への商品提供・廃棄に至る各プロセスで、環境負荷の低減を推進する。
  6. 自然との共生
    生物多様性や大気・水環境に配慮した事業活動を行うとともに、自然環境保護活動に積極的に取り組む。
  7. 全従業員への周知と環境保全活動の推進
    グループ全従業員に環境方針を周知し、環境保全への意識高揚に努め、全従業員一体となって環境管理活動を推進する。また、持続可能な企業の社会・環境面における責任を共有し、事業活動と連携した啓発活動および次世代教育を推進する。
  8. 情報公開の推進
    事業を取り巻くすべてのステークホルダーとのコミュニケーションの推進に努める。また、この環境方針は自由な閲覧を可能にして、要望する全ての人々に提供する。

2021年6月1日改定
代表取締役 社長執行役員
掬川 正純