ページの先頭です

事業所内活動におけるCO2排出量削減

国内における取り組み

ライオンは、低炭素社会の実現に向けて、エネルギー使用量削減等のCO2削減に取り組んでいます。生産部門において、生産効率化、高効率機器の導入によるエネルギー使用量削減、蒸気やエアー等のユーティリティのロス削減、熱回収等の省エネ活動を通じて、CO2削減を推進してきました。オフィスにおいても、各オフィスで「節電プロジェクト」を結成し省エネ活動に取り組んでいます。
今後も、さらなるCO2排出量削減に向けて、施策を推進していきます。

事業活動からのCO2排出量の推移(国内)

* 過去のデータに誤りがあり、数値を修正しました。

エネルギーの使用

当社は、製造事業所において、電気、ガス(LNG、LPG等)、重油等の多くのエネルギーを使用します。生産効率化を推進したことにより、2019年のエネルギー使用量は33,191kLと前年より減少しました。今後もエネルギー使用量削減により、CO2削減に取り組んでいきます。

事業活動におけるエネルギー総使用量

* 過去のデータに誤りがあり、数値を修正しました。

効率的な節電対策の推進により、2年連続で関東経済産業局長から表彰

当社は「令和元年度エネルギー管理優良事業者等関東経済産業局長表彰」において、省エネルギーへの貢献が顕著であった優良事業者等として表彰されました。
前年の東京オフィスビルの受賞に続き、本社ビルでの受賞となります。対象期間中(2014年4月から2019年3月)のBEMS(Building Energy Management System)データを活用し、機器ごとの稼働状況の把握と適正運転に努め、細かな節電等のエネルギー管理を実施することによりエネルギー削減を図った点が評価されました。(対象:本社ビル)

令和元年度表彰式の様子

令和元年度表彰式の様子

温暖化防止への貢献により「おおさかストップ温暖化賞」 大阪府知事賞を受賞

当社は、大阪府が主催する平成30年度「おおさかストップ温暖化賞」においても、温暖化の防止等について、最も優れた取り組みを実施した事業者として大阪府知事賞を受賞しました。
大阪工場(堺市)において、全従業員参加型の省エネ活動、製造プロセスの変更や生産品種の変更によるエネルギー使用量の削減、省エネ型設備・機器の導入や機器の運用改善等、総合的に優れた取り組みを行い、温室効果ガス削減につなげていること等が評価されました。(対象:大阪工場、大阪オフィスの2事業所)

おおさかストップ温暖化賞

おおさかストップ温暖化賞

海外における取り組み

海外の事業所においても、主に生産拠点にて省エネの取り組みを推進し、CO2削減を推進しています。
2019年のCO2排出量は73,458トンと前年よりも減少しました。
今後は各国において、高効率設備導入やユーティリティー削減、照明のLED化等の施策を推進し、CO2削減を図っていきます。

「事業活動から排出されるCO2」の削減

ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します