ページの先頭です

生物多様性保全活動を、全事業所にてスタート

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、持続可能な社会の実現に向けて、「脱炭素社会」と「資源循環型社会」の実現、そして自然との共生に取り組んでいます。自然との共生の取り組みの一つとして、生物多様性保全活動の活性化を掲げており、2020年に国内の当社グループ会社の全事業所での実施を目標としてまいりました。本年6月、当社の福岡オフィスにおける博多湾自然環境保護活動支援の開始をもって、全15事業所での生物多様性保全活動を実現いたしました。

■当社の生物多様性保全の考え方
当社の事業活動は自然環境や生物と深い繋がりがあることから、これまで自然の恵みを持続的に享受するため、環境への負荷を減らすなど、生物多様性に与える影響をゼロに近づける取り組みに力を入れてきました。その上で、自然には地域ごとに個性があり、それぞれ地域特性に応じた生物多様性の保全活動と持続可能な利用が重要と考えています。そこで、近年では、工場やオフィスが立地する地域の生物多様性を積極的に守るために、地域団体やNPO法人と共同で、森林整備や生物多様性保全活動に力を入れています。

■各事業所での生物多様性保全活動
生物多様性保全活動に事業を通じて取り組むために、まずは従業員一人ひとりが意識を高めることが大切です。そのため、従業員一人ひとりが生物多様性保全活動に参画することを目指し、各事業所において、それぞれの地域の課題に対応したテーマを設定し、地域と連携した持続的な活動を推進することといたしました。
生物多様性保全活動は、2003年に小田原工場にて酒匂川水系のメダカの繁殖、ホタルの育成の活動からはじまり、2020年6月に福岡オフィスでの海岸清掃(ラブアース活動)を通じた博多湾自然環境保護活動支援の開始をもって、全事業所での活動を本格的にスタートすることとなりました。

【活動の様子】大阪工場のアカウミガメ保護活動の一部
産卵されたウミガメの卵の位置を確認し、砂中に防護柵を埋設している

■各事業所での取り組み

開始年 事業所名 活動内容
2003年 小田原工場(神奈川県) 酒匂川水系のメダカの繁殖、ホタルの育成
2010年 大阪工場(大阪府) アカウミガメの保護活動
2011年 千葉工場(千葉県) 里山ビオトープ整備活動
2012年

ライオンケミカル㈱

オレオケミカル事業所(香川県)
トンボ池の整備活動(絶滅危惧Ⅱ類マイコアカネの繁殖)
2013年 明石工場(兵庫県) エノキビオトープ活動(黒蝶オオムラサキ育成)
2015年

ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ㈱

四日市事業所(三重県)
吉崎海岸の保全活動(海岸清掃、外来植物種駆除)
2015年 名古屋オフィス(愛知県) 名古屋城外堀のヒメボタル保護活動支援
2016年

ライオンケミカル㈱

ファインケミカル事業所(茨城県)
白砂青松プロジェクト活動
2017年 大阪オフィス(大阪府) のだふじ保護活動支援
2018年 札幌オフィス(北海道) 札幌ワイルドサーモンプロジェクト(SWSP)活動支援
2018年 仙台オフィス(宮城県) 井土メダカ里親活動
2018年 本社・東京オフィス(東京都) 東京の在来種野草保護活動(野のくさプロジェクト)
2019年

ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ㈱

小野事業所(兵庫県)
ため池の水生植物保全活動
2019年 平井事業所(東京都) 江戸川下流および東京湾の環境整備
2020年 福岡オフィス(福岡県)

海岸清掃(ラブアース活動)を通じた

博多湾自然環境保護活動支援

当社は、今後も環境保全およびその活動支援に努め、サステナブルな社会の実現に貢献してまいります。

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る