ページの先頭です

「サプライチェーン イノベーション大賞」を受賞
オープンな製・配・販の連携体制による返品削減の取り組みが評価されました

 

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)と、株式会社スギ薬局(愛知県大府市 代表取締役社長・杉浦 克典)、株式会社PALTAC(大阪府大阪市 代表取締役社長・糟谷 誠一)の3社は、「オープンな製・配・販の連携で在庫適正化と返品削減」の取り組みが評価され、「サプライチェーン イノベーション大賞2021」の「大賞」を受賞しました。表彰式は、2021年7月9日(金)に開催された「製・配・販 連携協議会※ 総会/フォーラム」にて行われました。

 

 

「サプライチェーン イノベーション大賞」は、製・配・販連携協議会がサプライチェーン全体の最適化に向け、製・配・販各層の協力の下で優れた取り組みを行い、業界を牽引した事業者に対しその功績を表彰するものです。
※製・配・販連携協議会:メーカー(製)、中間流通・卸(配)、小売(販)の協働により、サプライチェーン全体の無駄を無くすとともに、新たな価値を創造する仕組みを構築することで、産業競争力を高め、豊かな国民生活に貢献することを目的に2011年5月に設立された協議会

■受賞概要
今回の取り組みは、課題となっている「過剰在庫」や「返品」に対して、ライオンとスギ薬局、PALTACの3社が企業の枠を超えて「現場主義」「スピーディー」「オープン」な連携体制を通じ、在庫の適正化による返品の削減を実現したものです。
具体的には、「新製品や商品の改廃情報」や「販売促進施策計画」、「店舗別配荷数量」などの情報を早期に共有化し、発売から終売までの店頭オペレーション施策をソリューションモデルとして体系的に開発して実行する事で、売上拡大を図りながら在庫適正化・返品削減を実現しました。
今後、他の卸、メーカーを加えたスギ薬局内プロジェクトを発足させ、参加企業を拡大し、開発したソリューションモデルをオープンにしてまいります。そして、さらなる製・配・販一体となってのサプライチェーン全体の無駄の削減、新たな価値創出といった成果拡大に取り組んでいきます。

 

図.商品のライフサイクルに合わせた取り組みの全体像

■今後の展望
ライオンは今後も、製・配・販の関係者と連携しながら、サプライチェーン全体の生産性向上に繋がるソリューションの提供を図り、健康・快適・清潔な毎日とサステナブルな社会の実現を目指していきます。


【関連情報】
・経済産業省
https://www.meti.go.jp/press/2021/07/20210709005/20210709005.html

・ライオンHP サステナビリティ
https://www.lion.co.jp/ja/csr/

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る