サザンライオン

オーラルヘルスケア

① 「システマひと“磨き”惚れ」キャンペーンの開催

サザンライオンは、「システマひと“磨き”惚れ」キャンペーンをMalaysian Dental Therapists' Association (MDTA)およびマレーシア政府(Ministry of Health、 Oral Healthセクター)と共同で立ち上げました。このキャンペーンは、自分にぴったりのハブラシを見つけることができるよう支援することを目的としており、100万名のマレーシア人を対象にしています。サザンライオンは、このキャンペーンを通じて多くの人々がよりよい口腔ケアを身につけることを目指しています。
Malaysian Dental Therapists’ Associationにご協力頂き、1万本の『Systema』ハブラシを配布しました。

「システマひと”磨き”惚れ」キャンペーン

「システマひと”磨き”惚れ」キャンペーン

② 障がいのある子どもたちに向けたオーラルヘルスケア教育

サザンライオンは、マレーシア政府(Ministry of Health、 Oral Healthセクター)が主催する、障がいのある子どもたちにオーラルヘルスケアの大切さを伝えるプログラムを支援しています。このプログラムは2年に一度開催されています。
2017年は、400名の聴覚障がいを持つ子どもたちを対象に開催しました。サザンライオンはこのプログラムを支援し、オーラルヘルスケアの大切さを子どもたちに伝えています。

プログラムの様子

プログラムの様子

③ Malaysian Dental Therapists’ Scientific Conferenceに参加

2017年に、Malaysian Dental Therapists Associationにより「歯科エキシビションとカンファレンス」がクアラルンプールにて開催されました。このイベントは、2年に一度開催されており、マレーシア全土の歯科関係者が集まります。2017年は約2,000名の歯科関係者が参加しました。
サザンライオンはこのイベントを全面的に支援し、ブース出展者として積極的に参加しました。

歯科エキシビションとカンファレンス

「歯科エキシビションとカンファレンス」

④ 「マレーシア国際歯科エキシビションとカンファレンス」に参加

サザンライオンは、2017年に「マレーシア国際歯科エキシビションとカンファレンス」を支援し、ブース出展者としても参加しました。
イベントでは、サザンライオンおよびライオン株式会社(日本)の専門家による講演を開催しました。また、『システマ』ブースでは、その場ですぐにむし歯と歯周病のリスク、口腔内の清潔度などを唾液から測定できる「唾液検査システム」を実演しました。
このイベントには、約1,500名が参加しました。

「マレーシア国際歯科エギゼビションとカンファレンス」に参加

「マレーシア国際歯科エキシビションとカンファレンス」に参加

⑤ マレーシアの幼稚園・小学校にてLion Dental Health Programを実施

Lion Dental Health Programは1998年に開始された、サザンライオンが実施している健康習慣の普及定着プログラムです。このプログラムの目的は、健康な口腔状態が全身の健康に繋がることを生活者に啓発することと、子どもたちの口腔ケア意識を向上することです。
サザンライオンはジョホール州の幼稚園・小学校に出向き、『KODOMO』ハブラシ、ハミガキ(サザンライオンが販売しているオーラルケア商品)を通じて子どもたち(4-6歳の幼稚園児、7-12歳の小学生)のオーラルヘルスプログラムを行っています。
プログラムは、ライオン㈱により設立された(公財)ライオン歯科衛生研究所(LDH)が作成し、紙芝居、歯みがき実践指導、歯垢とむし歯についての説明、クイズ、着ぐるみ人形など、参加する子どもたちの年齢に応じてアレンジしています。
すべてのプログラムは、普及活動担当のサザンライオン従業員が運営し、楽しく活発に行われています。
2017年は、約11,000名の幼稚園児と約66,000名の小学生がプログラムに参加しました。開始当初から、累計で100万名以上の子どもたちがこのプログラムに参加しています。

歯みがき実践指導に参加している幼稚園児

歯みがき実践指導に参加している幼稚園児

幼稚園児に向けた紙芝居

幼稚園児に向けた紙芝居

『KODOMO』ハミガキを通じたオーラルケア指導

『KODOMO』ハミガキを通じたオーラルケア指導

『KODOMO』ハブラシを通じたオーラルケア指導

『KODOMO』ハブラシを通じたオーラルケア指導

良い口腔習慣について小学生に説明

よい口腔習慣について小学生に説明

小学生に向けた歯みがき実践指導

小学生に向けた歯みがき実践指導

⑥ 難民の子どもたちに向けた健康・清潔衛生支援活動

サザンライオンは、難民の子どもたちに向けた健康・清潔衛生支援活動を2013年より実施しています。これらの活動は、NGOやUNHCRの協力のもと、クアラルンプール市やジョホール・バル市で行っています。
サザンライオン従業員は、健康・清潔衛生習慣支援を7歳から16歳の子どもたちに向けて行っており、口腔保健や手洗いについての正しい知識を伝えています。また、サザンライオンは『KODOMO』ハブラシ・ハミガキ、『Systema』ハブラシ、『Fresh & White』ハミガキ、『Shokubutsu』固形石けん、『Shokubutsu Active Guard』液体ハンドソープなどの自社商品を学校に寄付しています。
さらに、サザンライオンの従業員はこの学校の子どもたちの誕生日を一緒にお祝いし、楽しい時間を共有しています。
活動開始より累計で約460名の子どもたちが参加しています。

歯みがき実践指導

歯みがき実践指導

子どもたちと一緒にお茶会

子どもたちと一緒にお茶会

支援グッズをプレゼント

支援グッズをプレゼント

清潔衛生習慣

① ジョホール・バル市の幼稚園での清潔衛生習慣

幼少期からの衛生習慣意識向上を目指し、サザンライオンは2014年よりジョホール・バル市の幼稚園に出向き、衛生習慣啓発プログラムを行っています。プログラムでは、紙芝居劇を通じて、手洗いの正しい手順、ハンドソープを使用することの大切さについて説明をしています。
プログラム開始より、累計で約950名の子どもたちが参加しています。

手洗いをするタイミングについての説明

手洗いをするタイミングについての説明

手についているよい菌・悪い菌についての説明

手についているよい菌・悪い菌についての説明

正しい手洗い実践指導に参加する子どもたち

正しい手洗い実践指導に参加する子どもたち

② マレーシアの先住民族の子どもたちに向けた清潔衛生定着活動

サザンライオンは、ジョホール州内の先住民族の子どもたちへの清潔衛生習慣啓発活動に取り組んでいます。これらの活動は、マレーシアのさまざまな政府機関と共同で行っています。洗髪活動と同時に、サザンライオンの従業員による、村の清掃活動も実施しています。また、『KODOMO』ハブラシ・ハミガキ、『Systema』ハブラシ、『Fresh & White』ハミガキ、『Shokubutsu Active Guard』固形石けん、『Emeron』シャンプー、『Bio Zip』洗剤などの自社商品を村に寄付しています。
2016年に、2村を訪問し、150名の先住民族の子どもたちがプログラムに参加しました。

村での清掃活動

村での清掃活動

子どもたちの洗髪をお手伝い

子どもたちの洗髪をお手伝い

参加者の写真

参加者の写真

環境保全活動

① マレーシア政府と連携したジョホール エレファント・サンクチュアリでの保護プログラムの発足

サザンライオンは2017年8月に、野生動物および国立公園の保護に取り組むマレーシアの省庁(Department of Wildlife & National Parks (PERHILITAN))と連携し、ジョホール エレファント・サンクチュアリ(象の保護施設)の保護プログラムを発足しました。
施設完成予定の2018年末以降、象の保護を積極的に支援するとともに、社会への意識啓発活動にも取り組みます。
このプログラムは、サザンライオンの環境保全活動として長期的(5年)に取り組んでいきます。

代表者の写真

代表者の写真

② 野生動物保護に向けた熱帯雨林での動物罠撤去活動

環境保全活動の一環として、サザンライオンは野生動物の保護に取り組んでいます。取り組みのひとつとして、Kota TinggiにあるPanti熱帯雨林にて、動物を危機にさらす動物罠を撤去する活動を実施しています。2017年は、49名の従業員が参加し、24個の動物罠を撤去することができました。

集合写真

集合写真

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します