ページの先頭です

人権デューディリジェンス

人権デューディリジェンス

当社は「原材料の調達」から「消費者による使用」に至る事業活動を通じて起こりうる人権に対する影響を、ステークホルダー別に把握し、報告、是正、フォローする仕組みの充実をはかっています。

当社の人権に対する取り組みの全体像(国内・海外)

お客様相談窓口の設置・対応 AL(オールライオン)心のホットライン 調達基本方針、ライオングループサプライヤーCSRガイドラインに基づく取り組み 従業員、ライオン企業行動憲章 ハラスメント防止宣言 認証パーム油誘導体の継続購入 環境方針のもとでの環境管理による汚染の予防や法規制の遵守 「製品マネジメント・システム」による安全と機能の徹底的な追求

* 企業が人権を侵害するのを避け、侵害による被害者を救済するためにとるべき手段のこと

①原材料調達

パーム農園

パーム(洗剤の原料)の農園では、健康や安全への配慮が乏しい劣悪な労働環境や、低賃金、移民労働者への不当な扱い、児童労働など、社会的公正さを欠くさまざまな問題が発生しています。この解決に向け、当社は2006年から「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」に参画し、認証化されているパーム油を導入しています。

取引先

ライオングループは、国内外の原材料メーカーおよび生産委託先などの調達パートナーに対して、調達・生産過程において、人権に対する悪影響を引き起こさないよう求め、そのリスクがないかを確認するため、また、責任ある調達活動を推進するため、「ライオングループサプライヤーCSR ガイドライン」に基づくセルフチェックを毎年依頼しています(必要な場合は改善を図ってもらっています)。
人権・労働以外にも、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コンプライアンスに関するサプライチェーンにおけるリスク回避に向けた仕組みづくりを推進しています。

②当社での活動

従業員

  • 当社は「ライオン企業行動憲章」において、「人権の尊重」について明言し、「行動指針」においては、児童労働や強制労働を認めないこと、機会均等な雇用と就業者に対する公正な処遇を行うことや、購入先における人権にも関心を持ち、互いが社会的責任を果たしていけるよう努めることについても示しています。
  • 毎年、国内従業員を対象に「コンプライアンス意識調査アンケート」を実施しています。アンケート結果を経営層に報告するとともに、各職場へフィードバックし、コンプライアンス体制の維持・強化につなげています。
  • 人権尊重に関する正しい知識がより広くグループ内に行き渡るよう、全従業員に向けて定期的にe-ラーニング研修を実施しています。2017年は「マタニティハラスメント」、2018年は「LGBT」のコンテンツを加え、ハラスメント発生の防止に向けた取り組みを積極的に行っています。
    2019年は「ライオン人権方針」に関するコンテンツを新規導入し、周知をはかっています。

①②共通

当社は社内外の通報制度「AL(オールライオン)心のホットライン」を設置しています。本システムでは、通報者として取引先など社外のステークホルダーも含んでおり、匿名性が担保されております。
また年1回、派遣社員を含む全従業員を対象に実施している「コンプライアンス意識調査アンケート」にて、「AL心のホットライン」の認知状況を把握するとともに通報窓口の説明を行っています。2018年の社員認知率は98.5%でした。ライオンは今後もこれらの周知徹底を図り、企業活動全体を通じて人権の尊重に取り組んでいきます。

③消費者による使用

お客様

  • 製品マネジメントシステム」による、安全と機能の徹底的な追求を行っています。
  • 商品使用時の安全性を確保するために、高齢者や子どもなどにも配慮した製品設計を実施しています。
  • お客様相談窓口」を設置し、対応しています。

推進体制

ライオングループでは、企業倫理担当、経営企画部、CSV推進部が中心となって、社会における人権の動向把握に努め、新しく顕在化した問題に対しては、必要に応じて法務部、国際事業本部や購買本部等、関連部門と連携し取り組みを進めています。

人権に関する外部イニシアティブへの参画

当社は「国連グローバル・コンパクトの10原則」の支持を表明しており、その一環で、2018年には「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)」のヒューマンライツ・デューディリジェンス(HRDD)分科会にメンバーとして参加し、そのワークショップにおいて、人権尊重や人権デューディリジェンスに関する理解を促進しました。
また、化粧品の製造業者によって業界の健全な発展を推進するために設立された団体「日本化粧品工業連合会(粧工連)」に当社は所属しております。粧工連では、「サステナビリティ指針」を策定し、化粧品産業としての社会の持続可能な発展への貢献に積極的に取り組んでいます。2019年8月、その一環として、当社もメンバーとして参加している「環境・サステナビリティ委員会」にて「サプライチェーンにおける人権・労働リスク対応の手引き」を策定しました。

「人権」に関する勉強会

ライオン人権方針」の海外グループ会社への浸透を目的に、2019年3月、各国の全駐在員に対して、勉強会を実施し、人権への取り組みに対する理解促進をはかりました。
今後は、「ライオン人権方針」を現地語化し、人権尊重のガバナンス強化に向けて、現地法人に即した周知策を検討していきます。

勉強会の様子

勉強会の様子

ライオン サステナビリティ レポート2019

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します