ページの先頭です

サステナビリティ重要課題

ライオングループのサステナビリティ管理体制の構築

当社は、2011年に国際的な社会的責任の手引きであるISO26000を活用し、第三者機関の意見を参考にしながら、国内グループにおいて対応状況の確認・評価を行いました。現状把握の結果をふまえ、2012年にサステナビリティ重要課題を特定し、重要課題それぞれにおいて、中期経営計画と合わせた3ヵ年の中期目標を設定しました。2015年から、バウンダリー(対象範囲)を国内グループから海外グループを含めて拡大し、目標に対する進捗状況を毎年確認・報告し、グループ全体でサステナビリティへ取り組んでいます。2018年は、「2020年サステナビリティ重要課題・目標」の初年度でした。

経営ビジョン実現に向けたサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)の特定と推進

重要課題の特定

当社は、経営ビジョンの実現やSDGsへの貢献など、2030年を見据えて、2020年までに取り組むべき「サステナビリティ重要課題」を、下記のステップを通じて特定しました。特定にあたっては、サプライチェーン全体およびステークホルダーを網羅的に勘案し、リスクと機会に層別しました。
また、各課題の実行において取り組みの方向性を定め、目標およびKPIを設定し、達成に向けて活動していています。

サプライチェーンにおけるサステナビリティ重要課題のリスクと機会

サプライチェーン全体及びステークホルダーを網羅的に勘案し、リスクと機会に重要課題を層別しました。また、当社の事業活動を通じて特に貢献しているSDGsの目標と特長的な取り組み(2018年Highlight)をサプライチェーン上で示しています。

サプライチェーンにおけるサステナビリティ重要課題のリスクと機会

サプライチェーンにおけるサステナビリティ重要課題のリスクと機会

※画像クリックで拡大します。

2020年サステナビリティ重要課題・目標

2020年サステナビリティ重要課題・目標

※画像クリックで拡大します。

ライオン サステナビリティ レポート2019

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します