サステナビリティ重要課題・目標の推進

ライオングループのサステナビリティ管理体制の構築

当社は、2011年に国際的な社会的責任の手引きであるISO26000を活用し、第三者機関の意見を参考にしながら、国内グループにおいて対応状況の確認・評価を行いました。現状把握の結果をふまえ、2012年にサステナビリティ重要課題を特定し、重要課題それぞれにおいて、中期経営計画と合わせた3ヵ年の中期目標を設定しました。2015年から、バウンダリー(対象範囲)を国内グループから海外グループを含めて拡大し、目標に対する進捗状況を毎年確認・報告し、グループ全体でサステナビリティへ取り組んでいます。2017年は、2015年~2017年の重要課題・目標の最終年度となりました。

第三者機関への活動内容の説明

グループ会社へのヒヤリング

2015~2017年におけるサステナビリティ重要項目・目標及び実績

中期経営計画「LIVE計画」(2018~2020年)におけるサステナビリティ重要課題の特定

基本的な考え方

当社は、新経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向けて、中期経営計画「LIVE計画」を推進し、持続可能な社会の発展・事業の成長を目指したサステナブル経営を進めます。
この実現において、ライオングループが2020年までに取り組むべきサステナビリティ重要課題を特定しました。リスク低減に向けた経営基盤としての重要な取り組み、およびオーラルヘルスケア・清潔衛生習慣などを通じた一人ひとりの「心と身体のヘルスケア」の実現に挑戦していきます。

2020年サステナビリティ重要課題・目標の推進

2020年サステナビリティ重要課題を下記のステップを通じて特定し、サプライチェーン全体およびステークホルダーを網羅的に勘案し、リスクと機会に層別しました。各課題の実行において取り組みの方向性を定め、目標およびKPIを設定しました。

サステナビリティ重要課題の考え方

サステナビリティ重要課題の特定ステップ

サプライチェーンにおけるサステナビリティ重要課題のリスクと機会

※画像クリックで拡大します。

2020年サステナビリティ重要課題・目標

※画像クリックで拡大します。

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します