ページの先頭です

シンガポールライオン

オーラルヘルスケア

① シンガポール国立歯科センター*と連携した歯科フォーラムに参加

シンガポールライオンは、2018年3月「世界オーラルヘルスデー」に開催された、シンガポール国立歯科センターが主催するオーラルケアに関する様々な課題について生活者のよくある質問や疑問に応えるフォーラムに参加しました。このフォーラムでは、口腔ケアのコツだけでなく、親知らずの手術、ブレース(歯科矯正器具)の取り扱い、歯列矯正など、一般的な口腔ケアのトピックスを幅広く取り上げました。イベントの後には、参加者は『システマ』商品を含むイベントグッズのプレゼントを持ち帰りました。このイベントには一般のお客様200名が参加しました。

*シンガポール国立歯科センターは、シンガポール保健省の下部組織で、そこでは、複雑な口腔状態に対する、学際的ケアに特化しています。また、シンガポールライオンが販売する『システマ』や『KODOMO』のようなオーラルケアブランドをパートナーブランドとして、公共的な組織を運営しています。

② 医療機関と連携した未就学児へのオーラルケア活動

幼少期から、よいオーラルケア習慣を身につけることはとても重要です。シンガポールライオンは、ラッフルズ・メディカル・グループ*とシンガポールライオンが販売する『KODOMO』ブランドで連携し、PAP公共財団**のSparkletots (スパークレット)プレスクールで未就学児に歯のスクリーニングを行い、健康のためにはオーラルケアが重要であることを伝えました。スクリーニング検査の後には、検査の診断結果が保護者へ伝えられます。この活動に参加した園児は、『KODOMO』ブランドの商品が入ったプレゼントをもらって帰り、自宅でも正しい歯みがき習慣を実践していきます。2018年700名の園児が参加しました。

*ラッフルズ・メディカル・グループは、アジアの総合民間医療機関です。 シンガポールを拠点に、統合されたヘルスケア組織を持ち、運営しています。
**PAP Community Foundation (PCF) は、the Singapore People's Action Party (PAP) によって1986年に設立された慈善団体で、教育、福祉および地域社会サービスを提供することによって、多民族、公平、公正かつ包括的な社会を築くことをコミットしています。

③ 幼少期からオーラルケアを行う大切さを啓発

Singapore Dental Health Foundation*は、子どものお口の健康への意識向上を目指して、オーラルケアの重要性を伝える取り組みを継続的に実施しています。
保育所の子どもたちを対象としたプロジェクトが立ち上がりました。このプロジェクトでは、子どもたちが近隣の歯科クリニックにて、歯科健診・歯みがき指導を受け、むし歯予防や早期治療の大切さを学びます。シンガポールライオンはこの活動を2017年から支援しており、歯みがき指導の際に使用できるよう、『KODOMO』ブランドのハミガキやハブラシなどを提供しています。幼少期からオーラルケアを行うことの大切さを伝えるこの活動は好評をいただいており、子どもたちのオーラルヘルスケア意識向上につながっています。
2018年は72名の子どもたちがこの活動に参加しました。

歯科検診の手順を理解するために、歯科医院で歯科医師を観察する子どもたち

*シンガポール国民に向けた健康啓発活動や病気の予防プログラムを推進しているシンガポール政府のボランティア組織です。公的な歯科健診、歯科講習/セミナー/フォーラムなどを実施しています。

④ 歯科医院を通じたオーラルヘルスケア普及活動

シンガポールライオンは、シンガポールの歯科医院「Thomson Dental Centre」と連携して、来院した患者さんに正しいオーラルヘルスケア習慣を啓発しています。はじめて「Thomson Dental Centre」に来院される方に、『KODOMO』と『Systema』(シンガポールライオンが販売している商品)のオーラルケアセットを提供しています。「子ども用オーラルケアセット」「ホワイトニングセット」「ガムケアセット」のいずれかのセットを、患者さんの年齢やお口の悩みに合わせて、歯科医からお渡しします。お渡ししたキットを用いて、よいオーラルヘルスケア習慣や歯の磨き方の指導を行います。各セットには、ハブラシ、ハミガキ、洗口液およびオーラルケアリーフレットが含まれています。
2018年までに、「Thomas Dental Centre」の患者さん1万2千名にオーラルケアセットを提供しました。

⑤ 歯科医向けのイベント支援

Specialist Dental Group および Channel NewsAsiaが共同で「専門家視点でみる口腔健康」をテーマに公共イベントを開催しました。このイベントでは、歯科医が参加し、4つの専門分野(歯内治療学、歯周病学、口腔顎顔面外科、歯科補綴学)に関する情報交換を行いました。約500名の参加者は、共通する歯科医療の課題、先端技術や専門技術について知識を学びました。
シンガポールライオンは、このイベントを支援し、『Systema』ブランド商品・パンフレットを含んだオーラルケアセットを参加者に配布しました。

* Channel NewsAsia は、英語で放送されるシンガポールのニュース番組です。「アジアへの理解向上」を目的とし、世界の発展をアジアの観点から見て放映しています。

⑥ National Dental Centre Singaporeと連携した子ども向けのオーラルケアイベント

シンガポールで最大規模であり、かつはじめて設立された専門デンタルセンターであるNational Dental Centre of Singapore(NDCS)が子ども向けのオーラルケアイベント “Never too early for Oral Health”を2017年に開催しました。シンガポールライオンは、『KODOMO』ブランドを通じて、このイベントを支援しました。
このイベントは、ゲームなどを通じて子どもたちに正しいオーラルケアを楽しく伝えています。子どもたちはそれぞれお気に入りのおとぎ話のキャラクターに変身し、それぞれのゲームブースごとに設置されたスタンプを集めるスタンプラリーに参加しました。
シンガポールライオンは『KODOMO』ブランドのゲームブースを設置し、ゲーム終了後に子どもたちに『KODOMO』ハブラシ・ハミガキ・リーフレットなどを配布しました。
また、イベントでは『KODOMO』商品を含むセットを参加者に配布しました。合計約200名がこのイベントに参加しました。

『KODOMO』と『Systema』ブランドのディスプレイ

⑦ 「NDCSデンタルブートキャンプ」の支援

「NDCSデンタルブートキャンプ」は、National Dental Centre of Singapore(NDCS)により開催されています。シンガポールライオンは2016年にこの活動を支援しました。このブートキャンプは、3歳から10歳の子どもたちを対象としており、オーラルケアについての正しい情報を伝えることを目的としています。子どもたちは、さまざまなアクティビティやゲームブースでのゲームを通じて、正しいオーラルヘルスケア習慣について学びます。また、「ゲームパスポート」を受け取り、各ゲームブース終了後にスタンプを押します。スタンプが全部集まった方には、オーラルケア商品が入ったプレゼントをお渡ししています。このブートキャンプには約300名の親子が参加しました。

⑧ 「Health Fair」の支援 –歯科検診–

ヒンドゥー教寄付委員会は、シンガポール政府の法定機関であり、ヒンドゥー教の寺院やその他ヒンドゥー教に関連する活動のために寄付金を管理・運営しています。ヒンドゥー教寄付委員会の中の医療支援サービス部門では、シンガポールのインドコミュニティの健康意識向上を目的に「Health Fair」を毎年開催しています。シンガポールライオンは、Singapore Dental Health Foundationとともにこの「Health Fair」を支援し、歯科健診や『Systema』ブランドのオーラルケア商品セットの提供を行っています。このセットには、ハブラシ、ハミガキ、洗口液およびオーラルケア情報のリーフレットが含まれます。
2016年は約350名の方が「Health fair」に参加しました。

ライオン サステナビリティ レポート2019

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します