ページの先頭です

活動詳細

活動報告2017

手洗いチェックシールを使用した洗い残しの「見える化」

手洗いチェックにおいて、ブラックライトを使用すると洗い残した部分が際立って光るので、自分の手洗いレベルを意識してもらいやすく、プロジェクトでは以前より活用してきました。

イベントでの新しい試みとして、大きな手の写真を使って、洗い残して光った箇所に、シールを貼っていただき、洗い残し箇所の「見える化」を行いました。
大勢の人たちで共有することで、楽しみながら意識を高めることができました。

「自分のためにやる」を考えてもらう宣言シール

手洗いについて、児童が自ら考え「手洗いの自分ゴト化」をしてもらうように宣言シールを活用しました。カードに、自分の名前と「ご飯の前には、ちゃんと手を洗うよ!」など「手洗い宣言」をし、目立つ場所に貼ってもらうようにしました。

2017年の主な実績

広報
広報動画放映
香川テレビ放送網にて6・7・11月に放映
165回
広報さかいで配布
「プロジェクト通信」で情報発信12回
22.8万部
手洗い啓発
イベント参加市民 2イベント・1002名
幼稚園・保育園での
「みんなでアラウータン体操」
2園・81名
小学校の全校集会などでの
手洗い教室
3校・538名
小学校での
「手洗い宣言」シール制作
 

2017年の総括

1.坂出市役所との連携により、市民のプロジェクト認知が向上

懸垂幕や「広報さかいで」プロジェクト通信の継続掲示

2.市民の「手洗いへの関心」が向上

市民の「手洗いチェック」体験が拡大
教育現場での啓発活動による「正しい」手洗いの浸透と定着

3.手洗いが習慣化されつつあり、市民から活動が評価されてきた

アンケートからも、活動の継続を要望する声が多い

活動報告

ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します