ページの先頭です

サステナブルな社員より~社員によるサステナビリティへの取り組みの活動ブログ~

「とくしまSDGsシンポジウム2021」に参加しました

みなさん、こんにちは。
お客様センターの山浦です。

ライオンは2021年3月、「令和2年度消費者志向経営優良事例表彰」で最高位の「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました。

令和2年度の消費者志向経営優良事例表彰企業として、2021年10月25日(月)、徳島市で開催(会場およびオンライン配信)の「とくしまSDGsシンポジウム2021」(主催:徳島県、後援:消費者庁)に参加しました。

テーマ 「WITHコロナ時代の今こそ考える 消費者志向経営とエシカル消費 ~アフターコロナを見据えて~」において、今井お客様センター部長が、基調講演「ライオンの消費者志向経営~より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する~」とパネルディスカッション「消費者志向経営」に登壇しました。

基調講演の様子

基調講演の様子

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

また、展示ブースも設けられ、当社のオーラルケア習慣づくりや衛生習慣づくりの製品やサステナビリティ活動等の紹介をいたしました。

展示コーナーの様子

展示コーナーの様子

徳島県には、消費者志向自主宣言企業が多く、各地域行政や教育機関等が積極的に本シンポジウムに参加、会場での意見交換等を通じても、消費者志向経営やサステナビリティ活動への意識・関心の高さが感じられました。

当社の発表や展示内容に関しては、長年の習慣づくりの取り組みや成果に対しての賛辞や、パーパス(「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」)との連動への共感、『クリニカkid's はみがきのおけいこ』などの事例を紹介した施策への期待等が寄せられ、SDGs高感度地域での当社理解促進の貴重な機会となりました。

写真提供:徳島県

一覧に戻る

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します