人材開発制度・福利厚生

成長意欲のある者に対して、学べる環境を提供していくこと。
社員ひとりひとりにとって、最も働きやすい環境を整えること。
それがLIONの人材開発制度・福利厚生です。

チャレンジを支える制度

国内留学制度(MBA取得制度)

国内のビジネススクールに派遣し、MBAを取得する制度です。高い就学意欲のある勤続3年以上の人から選抜、派遣候補になります。
実際に留学した先輩社員は、一回りも二回りも成長して実務に復帰しています。

先輩の声

経営に関する知識と意思決定について学ぶことで全体を俯瞰して見る視点を養えたことは今の仕事に活きています。

マーケティング学習プログラム

マーケティング実務を志望する若手人材を公募し、学習機会を提供するとともに、将来のマーケティング人材を育成するプログラムです。本プログラム受講終了後、実際にマーケティング部門に異動し、活躍している事例が増えています。

先輩の声

本プログラムで得ることができるマーケティングの知識は部門関係なく活かすことが可能であり、顧客の考え・ニーズ・伝え方を勉強することができ、業務野の幅が広がりました。

NOIL

新価値創造プログラム。常識を破る新しい事業アイディアを持ち、実現までやり抜ける情熱を持った人を選抜する仕組みです。最終選考で選ばれた人は、専任担当となって事業化を目指します。

先輩の声

普段の業務だけでは考えない事に対して考える機会となり自分自身の考える幅が広がったり論理的に物事を伝える力が身についた。
また、経営陣に対して自分の考えを伝えながら会社の将来を一緒に考える良い機会となりました。

リーダー人材を開発する制度

異業種交流プログラム

内向志向、固定概念・先入観からの脱却、仕事の幅や視野の拡大を目的に、異業種の社員とともに研修を行い、挑戦意欲の向上を図る研修です。異なる考え方、異なる技術を持つ企業と交流することにより、自己の成長に繋がるだけでなく、新しいより良い習慣づくりをするためのヒントを得られる場にもなっています。

リーダー選抜型プログラム

次世代リーダー候補者に対して、組織をけん引できる高い能力を備えた人材を選抜・育成する研修です。

短期間での成長を
サポートする制度

新入社員受入プログラム

学生から社会人へのマインドチェンジを行うとともに、ライオンの事業内容に関する詳細状況を把握理解し、現場体験を通じて、頭で理解することと合わせて、体で覚えることにより自分事化してもらいます。また、企業人、社会人としての義務と責任を身につけるカリキュラムが用意されています。

昇格者対象プログラム

資格、役割が上がるごとに、より上位を意識するとともに、自身のキャリア設計に必要なスキルを習得するプログラムとして設定されています。知識として必要なものはWeb ラーニングで学び、集合型のケース講義に参加をすることで、参加者同士の思考の衝突による相互の気づきを得る中で成長を促すことを目的としています。

マネジメント層向けプログラム

基本である業務マネジメントのスキル向上だけではなく、部下との信頼関係を構築するためのスキルを身につけます。合わせてコーポレートガバナンスの推進者としての役割と推進についての責務について討議形式にて理解を深めていきます。

ライオン・キャリアビレッジ

所属部門にかかわらず、様々な業務知識を、オンラインとオフラインを複合的に 組合せた幅広い選択肢の中から自分で学習するプログラムです。

多様な働き方を実現する制度

産休・育休・短時間勤務

出産時には、産前6週間、産後8週間の有給休暇を取得できます。
育児休暇については、お子様が3歳に達するまで、最長で18ヵ月休暇を取得できます。
また、育児短時間勤務(ショートタイムフレックス制度)を導入しており、

  • お子様が小学校1年の年度末まで、1日2時間まで短縮可能
  • フルフレックス制度の併用可能 となっております。

2020年度の、女性社員の育児休業取得率は97%。男性社員も、幅広い部所で取得しています。これらの制度を活用し出産された女性は全て、原則元の職場に復帰し変わらず活躍を続けています。

介護制度

介護制度には「介護休業」「介護短時間勤務」「介護休暇」を設けています。介護休業の期間は家族1人につき累積して365日間の範囲内となっております。
介護短時間勤務(ショートタイムフレックス制度)については365日以内の期間で1日2時間まで短縮可能です。介護休暇は1時間単位または1日単位で、1年間につき5日取得できます。

連続休暇制度

年末年始は原則6連休です。夏季休暇は事業所によって異なります。尚、年間休日数は124日となっております。また、有給休暇を利用して長期の休暇をとることが可能です。
その他、満年齢30歳、40歳、50歳に到達した従業員に対し、心身のリフレッシュを図るために、連続10日の休暇と補助金を支給しています。