ページの先頭です

各事業所の活動

各事業所の活動

札幌オフィス 仙台オフィス 千葉工場 本社・東京オフィス 小田原工場 大阪工場 ライオンスペシャリティケミカルズ(株)小野事業所 明石工場 名古屋オフィス 大阪オフィス ライオンケミカル ファインケミカル事業所 ライオンスペシャリティケミカルズ㈱四日市工場 ライオンケミカル オレオケミカル事業所

千葉工場の生物多様性への取組み

千葉工場では、取水など水の利用をはじめ、京葉工業地域や利根川の自然の恵みを受けて製品づくりを行っています。地元である京葉工業地域の生態系に配慮した生産活動を行なうとともに、積極的な生物の保全・再生を目的に、工場の敷地内にビオトープ(通称:レオトープ)を造成し、工場の従業員で日々整備を行なっています。田んぼの管理や植物・生き物観察を行ないながら地域の里山生態系の環境造りと保全に取り組んでいます。

千葉工場

京葉工業地域の

・生態系に配慮した生産活動
節水のほか、海洋や大気への負荷低減
・保全・再生活動
ビオトープ活動による里山の生物の保全
千葉工場
ビオトープ(ちばレオトープ)

小田原工場の生物多様性への取組み

小田原工場では取水など水の利用をはじめ、酒匂川流域の自然の恵みを受けて製品づくりを行っています。そこで、酒匂川流域の生態系に配慮した生産活動はもちろんのこと、積極的な保全・再生活動として絶滅危惧種「酒匂川水系のメダカ」の里親制度に登録。工場内にある従業員の手作りビオトープでのメダカの飼育・増殖を通して、河川生態系の保全に取り組んでいます。また、工場の敷地内でホタルが自生できる自然環境づくりにも取り組み、毎年近隣の方を招いてホタル鑑賞会も行っています。

小田原工場

酒匂川流域の

・生態系に配慮した生産活動
節水のほか、海洋や大気への負荷低減
・保全・再生活動
酒匂川水系のメダカの繁殖
ホタルが自生できる自然環境づくり
小田原工場
酒匂川水系のメダカ

大阪工場の生物多様性への取組み

大阪工場では取水など水の利用をはじめ、堺泉北臨海工業地帯の自然の恵みを受けて製品づくりを行っています。そこで、堺泉北臨海工業地帯の生態系に配慮した生産活動はもちろんのこと、積極的な保全・再生活動としてアカウミガメの保護活動を通して海浜生態系の保全に取り組んでいます。詳細な活動内容はこちらをご覧ください。

大阪工場

堺泉北臨海工業地帯の

・生態系に配慮した生産活動
節水のほか、海洋や大気への負荷低減
・保全・再生活動
・アカウミガメの卵と子ガメの食害防止活動
・モニタリング調査
・砂浜の清掃活動
大阪工場
アカウミガメの孵化調査

明石工場の生物多様性への取組み

明石工場では取水など水の利用をはじめ、加古川・明石川流域の自然の恵みを受けて製品づくりを行っています。そこで明石工場では、加古川・明石川流域の生態系に配慮した生産活動はもちろんのこと、積極的な生態系の保全・再生活動として、里山林に生息している在来種の保護・育成活動(エノキビオトープ整備活動)に取り組んでいます。エノキビオトープではオオムラサキをはじめとした在来種を保護するとともに、工場見学者や従業員の環境教育の場としても活用しています。

明石工場

加古川・明石川流域の

・生態系に配慮した生産活動
節水のほか、排水先の河川や大気への負荷低減
・保全・再生活動
エノキビオトープでのオオムラサキ育成等、在来種の育成
明石工場
オオムラサキ

札幌オフィスの生物多様性への取組み

札幌オフィスは190万人が暮らす札幌市内を流れる豊平川の周辺に位置しています。豊平川のサケは1950年代にいったん絶滅しましたが、水質の改善や市民の皆さまのカムバックサーモン運動による稚魚放流により、個体数が回復しています。札幌オフィスは、個体群の野性味を最大限向上させることを目指している札幌ワイルドサーモンプロジェクト(SWSP)に賛同して、野生サケの復元に取り組んでいます。

札幌オフィス

豊平川での野生サケの保護活動

「野生サケ」の復元活動
豊平川に生息するさけ

仙台オフィスの生物多様性への取組み

仙台オフィスは、八木山動物公園(ズーパラダイス八木山)と宮城教育大学が推進するメダカ里親制度に参加し、東日本大震災の津波で被災した名取川河口域の井土(イド)地区由来のメダカの保存と繁殖をすすめています。「井土メダカ復活プロジェクト」の先生の指導の下、飼育して生息地で復元できるようにオフィス全員で活動しています。

仙台オフィス

「井土メダカ」の復元活動

メダカ里親制度に参加
「井土メダカ」の復元活動

本社・両国オフィスの生物多様性への取組み

本社・両国オフィスは、(公財)日本生態系協会が推進する野のくさプロジェクトに参加し、都市の生物多様性の向上をすすめています。かつては普通に見られたはずの東京在来の野草を育成していきます。両国国技館にも近いことから、海外からのお客様を東京産の野草でおもてなしでき、日本の野草文化の一端を知っていただければと考えています。

本社・両国オフィス

「東京産の野草」の保全・普及活動

野のくさプロジェクトに参加
・在来の野草の育成
「東京産の野草」の保全・普及活動

名古屋オフィスの生物多様性への取組み

名古屋城外堀通り沿いの公園にはライオン像が設置されています。昭和28年に完成した「ライオンヘルスパーク」造りに、当時のライオン歯磨が協力した記念として、名古屋市に寄贈したものです。現在、このライオン像が見守る外堀には、陸生の「ヒメボタル」が生息しています。ライオン像のある公園の場所がヒメボタルの生息地に近く、名古屋オフィスの至近に位置することから、名古屋オフィスでは、このホタルの保護育成に取り組む団体「名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち」に協力する形で、生物多様性保全活動に取り組んでいます。

名古屋オフィス

「ヒメボタル」の保護活動

(名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たちへの協力)
・しおり作成への協力
・名古屋城外堀の清掃活動への参加
ヒメボタル
ヒメボタル

大阪オフィスの生物多様性への取組み

「のだふじ」は、日本独自の藤の原種とされ、大阪オフィスが立地する大阪府福島区が発祥の地とされています。南北朝時代から生息する「のだふじ」は、第二次世界大戦および1950年のジェーン台風により消滅しかかりましたが、地元有志の努力により復興し、平成7年には福島区花に制定されています。そこで大阪オフィスでは、「のだふじ」の保護育成に取り組んでいる団体「大阪福島ライオンズクラブ」、「のだふじの会」を支援する形で、生物多様性保全活動に取り組んでいます。

大阪オフィス

「のだふじ」の保護活動

(「大阪福島ライオンズクラブ」、「のだふじの会」への協力)
・「のだふじウォッチングスタンプラリー」での市民への啓発活動
・藤棚の剪定作業
「のだふじ」の藤棚
「のだふじ」の藤棚

ライオンケミカル ファインケミカル事業所(LCCFC)の生物多様性への取組み

ライオンケミカル ファインケミカル事業所(LCCFC)は、鹿島灘に面した鹿島臨海工業地帯に位置しています。排水や取水などの水の利用をはじめ、鹿島灘流域の自然の恵みを受け、「農工両全」の考えのもとに地域環境に調和した生産活動を行っています。 事業所の敷地は本来、砂浜やマツ林が広がる海浜生態系でした。近年、鹿島灘沿岸のマツ林や砂浜の衰退が進み、生物が姿を消し、郷土景観が変化しています。そこで、鹿島灘沿岸の生態系に配慮した生産活動はもちろんのこと、地域と協力した積極的な保全・再生活動として、マツ林の復元と砂浜の保全に取り組んでいます。かつての海浜生態系を再生することを通して地域に貢献していきます。

ライオンケミカル(株)ファインケミカル事業所

鹿島灘沿岸の

・生態系に配慮した生産活動
節水のほか、排水先の海洋や大気への負荷低減
・保全・再生活動
保安林であるマツ林の再生活動(松の育成、植樹、砂浜の清掃)
鹿島灘沿岸へのマツの植樹

主な生産品

非イオン性界面活性剤

ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ(LSC)四日市事業所の生物多様性への取組み

ライオンスペシャリティケミカルズ(LSC)四日市工場では、排水や取水などの水の利用をはじめ、伊勢湾流域の自然の恵みを受けて製品づくりを行っています。そこで、伊勢湾流域の生態系に配慮した生産活動はもちろんのこと、積極的な保全・再生活動として、工場に近接する吉崎海岸において、アカウミガメの産卵できる良好な砂浜環境を目指した保全活動に、ステークホルダー(NPO、地域、行政等)と協働で取り組んでいます。

ライオンスペシャリティケミカルズ㈱四日市工場

伊勢湾流域の

・生態系に配慮した生産活動
節水のほか、排水先の河川・海洋、大気への負荷軽減
・保全・再生活動
吉崎海岸の砂浜環境の保全(砂浜の清掃、外来種駆除)
ライオンスペシャリティケミカルズ㈱四日市工場
吉崎海岸のハマヒルガオ

主な生産品

含窒素誘導体(脂肪族アミン、エステル型第四級アンモニウム塩類等)

ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ(LSC)小野事業所の生物多様性への取組み

ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ小野事業所は排水、取水などの水の利用をはじめ、加古川領域の自然の恵みを受け、事業活動を行っています。周りがため池や田畑に囲まれた環境から、生態系に配慮した生産はもちろんのこと、保全活動として、事業所近隣のため池において、ヒメコウホネ等の水生植物が生育し易い良好な環境維持を目指した保全活動に取り組んでいます。

ライオンスペシャリティケミカルズ(株)小野事業所

加古川領域の

・生態系に配慮した生産活動
節水のほか、排水先の河川や、大気への負荷低減

主な生産品

化学工業用薬剤、ゴム工業用薬剤、繊維加工薬剤、特殊ポリマー

ライオンケミカル オレオケミカル事業所(LCCOC)の生物多様性への取組み

ライオンケミカル オレオケミカル事業所(LCCOC)は瀬戸内海国立公園内に位置し、綾川流域の自然の恵みを受けて製品づくりを行っています。そこで綾川流域の生態系に配慮した生産活動はもちろんのこと、積極的な保全活動として、豊かな水辺生態系の復元を目的としたトンボ池(ビオトープ)を従業員が手作りで造成し、環境を整備しており、近隣の子どもたちを招待して自然観察会なども開催しています。

ライオンケミカル㈱オレオケミカル事業所

瀬戸内海国立公園の

・生態系に配慮した生産活動
節水のほか、排水先の海洋や大気への負荷低減
・保全・再生活動
ビオトープ(トンボ池)活動による里山の生物の保全
ビオトープ(トンボ池)