ページの先頭です

学術支援を通じた環境コミュニケーション

水環境研究を支援する「ライオン賞」(年会学生ポスター発表賞)

ライオンは、水環境に関わる若手研究員の研究意欲の啓発と支援をするため、「日本水環境学会」に優秀な研究活動を表彰する「年会学生ポスター発表賞」(通称:ライオン賞*1)を2008年に創設しました。
「第54回日本水環境学会年会」において、19名の学生の方々が「ライオン賞」を受賞されました。*2

*1 「日本水環境学会」年会での優秀なポスター発表に対して表彰を行う。
対象者:学部生、工業高等専門学校生、短大生
選考方法:学会正会員、団体会員による投票を基に、運営選考委員会が理事会にて決定する。

*2 第54回の年会は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、開催が中止されたため、講演要旨原稿を審査し、「ライオン賞」を授与いたしました。下記写真は第53回時の様子です。

会場入口看板

ライオン賞受賞者

第54回年会「ライオン賞」受賞者
  受賞者 所属 研究題目
優秀賞 磯 光 東京大学 米国CA州水再生施設におけるウイルス濃度実測による除去率の評価
市原 りえ 北海道大学 バイオ燃料電池を補助電源とするMECシステムによる窒素除去プロセスの開発
岩﨑 七海 東洋大学 アナモックス反応におけるメタノール阻害の影響と対策
上原 悠太郎 東京大学 入間川の溶存有機物による大腸菌の増殖ポテンシャルと増殖基質のノンターゲット分析
大場 康平 東京農工大学 15Nトレーサー法を用いた脱窒細菌のN2O還元ポテンシャルの評価
岡田 有未 東洋大学 新規1,4-ジオキサン分解菌の単離と分解活性評価
桶谷 昌宏 高知大学 回転円板型促進酸化装置による淡水養殖廃水中オキソリン酸の除去機構
柏本 ゆかり 北海道大学 ディープラーニングを用いた活性汚泥フロックの認識
金田 明日香 創価大学 ホテイアオイの圧搾-メタン発酵処理による栄養塩・エネルギー回収法の検討
川本 泰斗 広島大学 メタン酸化細菌による生分解性プラスチック原料PHAの生成
須江 渚 北里大学 環境RNA解析による衛生動物の高感度検出手法の開発とその時間的感度の評価
簾内 君仁 秋田県立大学 マンガン酸化菌を用いた有機物無添加条件でのマンガン含有坑廃水の接触酸化処理
竹田 壮太 秋田工業高等専門学校 酒造好適米栽培における下水処理水の最適利用手法の開発に向けた実験的検討
濵田 隆太朗 鹿児島大学 質量分析によるアナベナ属の種の判別法の開発
原田 穂高 広島大学 生息確率予測モデルを用いたベントスの底質環境指標の開発
廣嶋 直人 大阪大学 ウキクサ亜科植物マイクロバイオームの特徴づけ
藤川 由季 京都大学 HILICによる環境水中の超親水性溶存有機物の特性解析
吉田 輝生 日本大学 一槽式微生物燃料電池の設置条件とエアカソード面の湿潤状態による発電能への影響
吉田 実桜 都城工業高等専門学校 UASBリアクターによるPET製造複合模擬廃水の高負荷連続処理実験
ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します