オーラルヘルスケアの普及

当社は、「企業活動で得た利益を社会に還元する」という創業当時から一貫した理念のもとに、1913年から口腔保健の普及・啓発活動を行ってきました。近年では、口腔保健と健康寿命(心身ともに健康に生きていける寿命)は密接な関わりがあることが明らかになってきており、ライオングループは、生活者が生涯にわたり健康で快適にくらすことを目指し、オーラルヘルスケアの普及を日本に加え海外事業所各地で実施しています。

ライフステージ別のオーラルヘルスケア普及活動

財団を通じたオーラルヘルスケア普及活動

当社は、1964年に財団法人として設立、2010年に公益財団法人への移行認定を受けた(公財)ライオン歯科衛生研究所(LDH)のオーラルヘルス普及活動を、全面的に支援しています。LDHは、日本歯科医師会、大学、行政などと連携しながら下記の3つの公益事業を通じ、生活者の歯と口の健康を保持増進し、すべての人々の生活の質の向上に結びつけられるよう口腔保健の最前線で社会に貢献しています。

* LDH = Lion Foundation for Dental Health

LDHの3つの公益事業

  1. 口腔保健普及啓発事業
    すべてのライフステージでの口腔保健の普及啓発活動
  2. 調査研究事業
    健康寿命の延伸に向けた口腔保健の重要性に関わる調査研究ならびに各事業や活動を通じて得られた研究成果の専門家や生活者への情報発信
  3. 教育研修事業
    保健指導者や歯科専門家に対する各種セミナーや講演会を開催

全国小学生歯みがき大会

1932年から続いている「全国小学生歯みがき大会」は、小学生を対象に、毎年「歯と口の健康週間」の時期(6月4日~10日)に合わせて開催しています。2017年に行われた第74回大会では、これまでのインターネット配信による全国一斉実施方式から、大会期間内(10日間)に参加校が実施日を設定し、45分間のDVD教材を視聴して参加する方式へ変更して実施し、アジア6カ国・地域の参加を合わせ、2893校、約16万人の小学生が参加しました。
第74回大会では「歯と自分をみがこう。」をテーマに、明海大学学長の安井利一先生監修のもと、「歯ぐき」を題材として、お口の状態に合わせたみがき方、デンタルフロスの実習を行ない、「予防歯科」の理解と浸透を図るとともに、生活習慣の中心にあるオーラルケアを通じて「継続する力」の大切さを学びました。

歯みがき大会参加人数累計 124万人(2018年2月時点)

第74回全国小学生歯みがき大会の様子

第74回全国小学生歯みがき大会の様子

第74回全国小学生歯みがき大会の様子

「健口美」体操の普及

生涯にわたり、「食べる」、「話す」、「笑う」など、生活するうえで大切な役割を担う、口の機能(口腔機能)は、気付かないうちに低下しやすいため、日頃から保持・増進していくことが大切です。LDHでは口腔機能の大切さの理解と機能低下への気づきを促すことを目的に、アクティブシニア向けに「健口美」体操を開発し、普及活動を行っています。
当社が全国各地で開催しているウォーキングイベントや流通コラボイベントなどで「健口美」体操を参加者に紹介し、2017年は全国で約4万6千人に対して普及を行いました。
また、2017年に秋田県で開催された「第30回ねんりんピック」においても、「健口美」体操を行い、口の機能とその保持増進の大切さについて伝えました。

ねんりんピック

関西ウォークイベント

全国健康福祉祭(愛称:ねんりんピック)は、厚生労働省・開催都道府県(政令指定都市)主催の、スポーツや文化種目の交流大会を始め、健康や福祉に関する多彩なイベントを通じ、高齢者を中心とする国民の健康保持・増進、社会参加、生きがいの高揚をはかり、ふれあいと活力ある長寿社会の形成に寄与するためのイベント。

学術面での貢献

LDHの研究部研究開発室は2011年に文部科学省研究振興局学術研究助成の指定研究機関として認定され、大学や公的機関と広く共同研究を推進しています。
2017年度においては分担研究として、東京医科歯科大学、日本大学歯学部との科学研究費助成事業(科研費)、東京都健康長寿医療センターとのAMED(日本医療研究開発機構)研究事業、日本大学歯学部との厚生労働科研費を推進中です。また、8020推進財団の歯科保健活動交付事業も進めています。さらに、LDHではこれらの研究成果を含め、論文や学会報告を行なうなど、学術面で社会に貢献できる研究を推進しています。

革新的イノベーション創出プログラムの取り組み

COI(Center of Innovation)STREAM(以下COI)とは、日本の経済再生を目指すべく、文部科学省・科学技術振興機構が2013年に開始した「革新的イノベーション創出プログラム」です。COIは、10年後のあるべき社会像を見据えて、企業や大学だけでは実現できない革新的なイノベーションを産学連携で実現するとともに、そのためのイノベーションプラットフォームを整備することを目的としています。
COIは、全国18の拠点で、大学や企業が一体となって研究開発を推進しています。ライオンは、その拠点のひとつである国立大学法人弘前大学との共同研究に2015年より取り組んでいます。

* 2018年2月現在

「第27回ライオン健康セミナー」開催

LDHでは、歯科衛生士などの歯科専門家を対象に最新の歯科情報などに関する各種のセミナーを開催しています。
2018年1月28日、第27回「ライオン健康セミナー」が品川グランドセントラルタワー ザ・グランドホールで372名が参加し開催されました(大阪開催:2018年4月22日、大阪グランフロント179名)。
ライオン健康セミナーは、歯科専門家を対象に口腔の健康に関連する最新情報や歯科診療所で役立つ情報を発信する目的で1992年から東京で始まり、2015年の第24回からは大阪でも毎年開催しています。2018年の第27回会のセミナーは「健康長寿社会の実現に向けた歯科医療をめざして」をテーマに生涯にわたる口腔の健康を通した全身の健康の保持増や生活の質の向上に関する最新情報や診療業務に役立つ情報を3名の先生をお招きし開催しました。

第27回「ライオン健康セミナー」
テーマ 健康長寿社会の実現に向けた歯科医療をめざして
基調講演 健康長寿を目指す生き方 :
下方浩史先生(名古屋学芸大学大学院栄養科学研究科教授)
講演1 食べる機能の維持、回復に向けた多職種連携による取り組み :
松尾浩一郎先生(藤田保健衛生大学医学部歯科・口腔外科教授)
講演2 歯周病の9割は歯科衛生士が治す! :
二階堂雅彦先生(二階堂歯科医院院長、日本臨床歯周病学会前理事長)

第27回「ライオン健康セミナー」の様子

第27回「ライオン健康セミナー」の様子

一般生活者向け書籍の発行

LDH設立50周年を記念し、『歯みがき100年物語』を2017年1月19日に(株)ダイヤモンド社から発刊しました。
今から100年前、食生活の変化に伴いむし歯が急増し、子どものむし歯罹患率は96%にも達し大きな問題となっていました。しかし、2016年の調査では12歳児のむし歯罹患率は36%で、一人当たりのむし歯本数は0.84本と大きく減少しています。この背景には、100年前に強い危機感を持った歯科関係者と民間企業の地道な「口腔保健普及活動」の歴史がありました。
本書では「口腔保健の普及」に貢献した民間企業の活動とその原点でもある企業文化に焦点を当て、100年の足跡を豊富なビジュアルでたどりながら原点を見つめています。さらに「健康は口の中から」という視点で口腔保健普及活動の重要性をあらためて論じながら未来を展望する内容となっています。
日本の口腔保健にとって歴史的、学術的な資料として、また普及定着の面でも少しでも役立てられ、幅広い人に読んでいただけるよう工夫して制作いたしました。

【書籍概要】
編者:公益財団法人ライオン歯科衛生研究所
発行:株式会社ダイヤモンド社
価格:本体1800円(税別)

2017年のLDHの主なオーラルヘルス普及活動

[母子歯科保健活動]

妊婦、乳幼児および園児とその保護者を対象に「歯と口の健康」を通じた子育て支援活動を実施。

参加者:乳幼児・園児 2,790名

保護者 377名

累計:114万6千名

[学校歯科保健活動]

児童・生徒や保護者に対する直接的な普及活動と、保健指導者の活動に対する支援を実施。

参加者:児童・生徒 5,935名

保護者 162名
保健指導者 723名

累計:2,327万2千名

[成人(産業)歯科保健活動]

就業者を対象に、歯周病の予防と歯と口の健康の保持・増進に重点を置いた指導を実施。

受診者:21,271名

累計:209万2千名

[高齢者歯科保健活動(2007年~)]

いつまでも自分の歯と口で食べることができるように口腔機能の保持につながる支援を実施。

参加者:46,648名

累計:7万3千名

[診療活動]

リスクコントロール・デンティストリーの考え方に基づき、専門性が高く、質の高い診療および予防歯科活動を実施。

受診者:11,171名

累計:184万7千名

* 一人ひとりのむし歯や歯周病のリスクに応じてケアの方法を変えるオーダーメイドの歯科治療

累計は財団設立(1964年)からの積算値

「ライオンアウォード」の設置

「予防歯科」の学会活動や若手研究者の育成を支援する目的で「ライオンアウォード」を2001年に創設しました。
本賞は、世界最大の歯科学会である「国際歯科研究学会(IADR)」と国内の「日本小児歯科学会」、「歯科基礎医学会」、「日本口腔衛生学会」、「日本歯周病学会」、「日本老年歯科医学会」5歯科学会に学術賞として設置され、創造的な研究を行った研究者に対して盾と賞金を進呈しています。
2001年の創設から17年間で167名の研究者が受賞しています。

ライオンアウォード授賞式

国際歯科研究学会(IADR)の様子
画像(左から) Dr.Helena Schuch, Dr.Kassapa Ellepola, Dr.Reo Uemura

2017年度の実績
学会名 授賞式開催都市 授賞式開催日 受賞者(所属)
国際歯科研究学会
(IADR)
San Francisco, USA 3月23日 Helena Schuch
(The University of Adelaide, Australia)
Kassapa Ellepola
(National University of Singapore, Singapore)
Reo Uemura
(Osaka University, Japan)
日本小児歯科学会 福岡県 5月25日 山田亜矢
(東北大学大学院歯学研究科 口腔保健発育学講座 小児発育歯科分野 准教授)
藤田優子
(九州歯科大学健康増進学講座 口腔機能発達学分野 助教授)
歯科基礎医学会 長野県 9月17日 小林 真之
(日本大学 歯学部 薬理学講座 教授)
小林 泰浩
(松本歯科大学 総合歯科医学研究所 硬組織機能解析学講座 教授)
日本口腔衛生学会 山形県 6月1日 吉岡昌美 
(徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健福祉学分野 准教授)
久保庭雅恵
(大阪大学大学院歯学研究科口腔分子免疫制御学講座予防歯科学部門 准教授)
日本歯周病学会 京都府 12月16日 讃井彰一
(九州大学大学院歯学研究院歯周病学分野 講師)
久保田健彦
(新潟大学医歯学総合病院 准教授)
日本老年歯科医学会 愛知県 6月15日 岡田和隆
(北海道大学・高齢者歯科学教室 助教授)
佐藤茉莉恵
(東京医科歯科大学・高齢者歯科学分野 医員)

キッザニアへの出展

キッザニア東京・キッザニア甲子園に「歯科医院」パビリオン出展

当社は、2006年に「キッザニア東京」、2009年に「キッザニア甲子園」に「歯科医院」をテーマにしたパビリオンを出展しています。「歯科医院」パビリオンを体験してもらうことで、歯の大切さを学び、お口の健康を自分でケアすることで全身の健康も守れることを知ってもらいたいと考えています。

当パビリオンでは歯の大切さを勉強し「予防歯科医」としての研修を受けてもらった後、診療台の上のフィギュア(歯科大学での実習用)にむし歯治療とフッ素塗布をしてもらい、キッザニア専用通貨で8キッゾの報酬を得ることができます。

「歯科医師」の仕事を体験した子どもたちからは、「治療をするのはすごく大変だと思った。」「絶対歯みがきを頑張って、むし歯をつくらないようにしたい。」などの声も聞かれ、むし歯予防の大切さがしっかりと伝わっているようです。

キッザニア東京の「歯科医院」パビリオン

フィギュアにむし歯治療をする様子

キッザニア甲子園の「歯科医院」パビリオン

「予防歯科医」としての研修を受ける子どもたち

オーラルヘルスケアに関する情報

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します