ページの先頭です

オーラルヘルスケアの普及

考え方

ライオンは、100年以上にわたり口腔科学の研究を行ってきました。近年、お口の環境が全身健康に与える影響が解明されてきており、お口を健康な状態に保つことが「健康、快適、清潔・衛生的な毎日」の実現に寄与すると考えています。お口の健康を維持管理していくオーラルヘルスケアを通じて、人々の全身の健康増進に貢献し、一人ひとりの「心と身体のヘルスケア」の実現に向けて取り組んでいます。
オーラルヘルスケアで必要なことは、正しい知識を身につけ、歯のトラブルを防いで管理する「予防歯科の習慣化」です。「予防歯科」とは、むし歯等になってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にする考え方です。歯とお口の健康を積極的に守るには、歯科専門家の指導のもと自らが行う毎日の「セルフケア」と歯科医院等での「プロケア(プロフェッショナルケア)」の両方が必要だと考えています。
毎日のオーラルケアは、生涯の健康にもつながる大切な習慣であり、小さいころから身につけることが重要です。当社は、あらゆるライフステージにおいて、オーラルヘルスケアを通じて「健康、快適、清潔・衛生的な毎日」にお役に立ちたいと考えており、今後も「予防歯科」の普及啓発に取り組んでいきます。

ライオンの「予防歯科」の考え方

活動方針

「予防歯科」の考え方のもと、自分でできるセルフケアと、歯科専門家によるプロケアの両輪で普及活動を行っています。商品やサービスの提供とともに、生活者への情報発信や普及啓発活動を推進し、当社グループのパーパス(存在意義)である「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」を実践していきます。

取組み

オーラルヘルスケアに関する情報

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します