ページの先頭です

環境目標 Eco Vision 2020

Eco Vision 2020策定の考え方

地球環境問題の現状をふまえ、当社が関与する領域と活動は何かを設定しました。

1. 地球環境問題の状況

地球温暖化 世界の温室効果ガス排出量は、国際的な削減の取り組みにもかかわらず、230億トン(2000年)から340億トン(2020年)へと増加することが予測され、地球温暖化の進行が心配されています。
資源不足と偏在化 水は生きることに欠かせない最も重要な資源です。その世界の需要量は4兆m3(2000年)から5.2兆m3(2025年)へと増えることが予測され、世界中で水不足の深刻化が懸念されています。
生物多様性の喪失 約3,000万種の生物のうち、1975年以降、毎年4万種の生物が消失していると言われています。それまでは年に千種程度であったことと比較しても、非常に速いスピードで貴重な生物種が絶滅していることになります。

出典:環境省「平成22年度環境白書」

2. 当社関与領域と活動

外部ステークホルダーからの声

地球環境問題に当社として対応すべき目標を設定するために、環境NGOの専門家とダイアログを実施しました。また、設定した目標をお客様と共有し、ともに達成することを目指し、環境コミュニケーションの専門家とのダイアログを実施しました。(2012年11~12月に実施)

環境目標 Eco Vision 2020の設定(2013年)

地球環境問題の状況、当社関与領域と活動、外部ステークホルダーからの声をふまえ、2013年に環境目標 Eco Vision 2020を設定しました。
温室効果ガス(エネルギー使用)、水、廃棄物、排水、調達、生物多様性、社会への環境啓発の項目について、2020年目標を設定し、推進しています。

Eco Vision 2020の目標値と2018年実績

「Eco Vision 2020」は、2012~2020年の9年間を第1~3期3ヵ年に分けて推進しています。2018年は、第3期(2018~2020年)の初年度でした。

Eco Vision 2020の目標値と2018年実績

主要項目(温室効果ガス、水)に関する2018年の主な取り組み内容

主要項目(温室効果ガス、水)に関する2018年の主な取り組み内容

「Eco Vision 2020」第3期(2018年)実績値と目標値表

「Eco Vision 2020」第3期(2018年)実績値と目標値表

LION Eco Challenge 2050 策定(2019年)

Eco Vision 2020を策定した2013年以降、世界共通の社会課題解決に向けたSDGs(持続可能な開発目標)の採択、気候変動問題に対応するパリ協定発効など、国内外で持続可能な地球環境保全に向けた動きが活発化しています。
こうした潮流を踏まえ、当社は2019年に、2050年に向けた目指すべきゴールや方向性を示した新環境目標「LION Eco Challenge 2050」を策定しました。
今後、Eco Vision 2020の最終年(2020年)までは、Eco Vision 2020の目標達成に取り組みつつ、2021年からの「LION Eco Challenge 2050」の実行に向けた準備を進めていきます。

新環境目標 LION Eco Challenge 2050

Adebe Reader

PDFをご覧になれない方は
ここからAcrobat Readerをダウンロードして下さい。

ライオン サステナビリティ レポート2019

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します