ページの先頭です

労働安全・設備安全

考え方

グループ目標である「オールライオン重大事故0件・重大災害0件」に向けて、労働安全衛生管理体制の強化に取り組んでいます。
「安全は、何事にも優先すること」を基本に、厚生労働省の指針に基づく「労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS) 」に「防災」を付加した独自の「安全衛生防災マネジメントシステム」を2009年から国内グループ会社を含め運用を開始し、2012年より内部監査を含め実行性向上に繋げています。この「安全マネジメントシステム」のもと、有害性を含めた潜在的危険性の低減、作業環境の維持に継続的に取り組み、安全な職場環境の形成と体制づくりに取り組んでいます。

Occupational Safety and Health Management System の頭文字。PDCAにより継続的な安全衛生管理を自主的に進める仕組み。

推進体制

経営トップ(乘竹 のりたけ取締役)を議長とした「安全衛生防災会議」を年2回実施し、全社における設備安全、労働安全(労働環境、健康障害防止、精神的健康の保持を含む)確保の施策を審議し、リスクの徹底的な排除へ向けた取り組みを継続的に推進しています。さらに、「安全衛生防災会議」議長を監査責任者として、主に安全や防災活動の妥当性、有効性について客観的立場で行う「トップ安全監査」を各工場(事業所)に対し、計画的に実施しています。
各工場(事業所)では、労働安全衛生法に基づき組織された「安全衛生防災委員会」が主体となって、事業所特有の問題を含め、事業所内で働く全ての従業員の意見を反映させ、委員会を有効に活用し、課題解決を図っています。
さらに、海外グループ会社に対しても、国内から労働災害の防止に向けた支援を積極的に行っています。2018年から、経営直下に「安全防災推進室」を設置し、ライオングループの労働安全衛生防災管理体制をさらに強化しました。

トップ安全監査

生産部門工場(関係会社含む)に対し、「安全衛生防災会議」議長(担当役員)を監査責任者として、主に安全・防災活動の仕組みが適切であるかの妥当性および当社の「安全衛生防災マネジメントシステム」が確実に運用されて、安全防災水準が向上しているかを監査しています。トップ安全監査を通じて、事故・災害撲滅の指導・助言を通じて工場の安全性をさらに高め、安心・安定な職場環境づくりに努めています。

トップ安全監査

乘竹取締役による、千葉工場・小田原工場・明石工場で実施されたトップ安全監査(2019年度)

緊急事態への対応

当社は首都圏直下地震をはじめとする各種自然災害への対応を進め、防災体制の強化を図っています。
防災訓練では大阪北部地震の体験をもとに、大阪地区での断層型地震を想定し、エリア内の事業所と連携した情報の収集や指示系統の確認を行いました。また、安否確認訓練、徒歩帰宅訓練や普通救命講習会などを実施し防災体制の強化に向けた取り組みも継続して行っています。
今後も広域のエリアを対象とした訓練を実施し防災力を強化していきます。

取り組み

労働安全

2019年の労働災害件数は26件(通勤途上災害8件除く)となりました(内休業災害4件)。災害要因を分析した結果、災害の型としては、「転倒・落下」が6件、「挟まれ・巻込まれ」が5件、「薬傷」が2件、「衝突」が5件、「切傷」が1件、「熱中症」が1件、「その他」6件でありました。その主要因としては、作業の慣れによる油断(安全軽視・ルール逸脱 等)であると考えます。労働災害に対しては、本社安全管理事務局が現地調査を行い、原因究明と是正対応の徹底を図っています。
労働災害防止のためには、安全管理体制および労働安全意識の強化が重要です。当社は、若年層から中間層に対する「危険体感教育」(安全研修)を実施しています。外部研修センターの活用や各事業所で手作りの各種危険体感機を使用し、熟練者の指導の下、危険に対する感性の強化を図っています。

2019年 危険体感教育(安全研修)に参加した従業員人数(社内教育)
千葉工場 小田原工場 大阪工場 明石工場 合計
259名 55名 40名 37名 391名

安全道場の開催

労働災害防止のためには、徹底した安全管理活動と職場のリーダーを中心にして自ら動き出す職場自主活動の実践が必要不可欠です。当社は、中央労働災害防止協会ゼロ災推進センターの先生の指導で「安全道場」を開催しており、2019年度からは、各事業所より職場キーマンを選出し育成する(年3回)体系としました。2019年度内では2回実施し、8工場からのべ30名が参加しました。各工場の工場長・事業所長をはじめとした管理監督者のリーダーシップ開発や、従業員が自ら安全先取りへ動き始めるための取り組み方を体験学習しました。今後も学んだことを活かし、各職場が一体となった安全活動を推進していきます。(写真は大阪工場での様子)

※強度率:労働損失日数 / のべ実労働時間(千時間)

2019年末 無災害労働時間(累積)(万時間)
研究部門 生産部門
平井 小田原 千葉 小田原 大阪 明石
291.6 393 680.7 32.7 14.2 138

グローバルでの取り組み

海外グループ会社についても国内関連部門が現地を訪問し、1)法遵守、2)設備安全・設備改善状況、3)労災発生指摘箇所フォロー等、安全管理維持状況の確認を実施しています。各国の状況に応じた指導・助言を行い、グループ全体での安全・防災体制の強化に努めています。
さらに、2018~2019年はJISHA(中央労働災害防止協会)主催のSAKURAプロジェクトに参加しました。対象国であるタイライオンに対して「国内(日本)における研修」と、その後のフォローアップとしての「現地診断による助言・指導」を実施し、現地従業員の安全意識の向上と労働災害の防止につなげています。

* 日本の労働安全衛生分野のノウハウや経験を進出先の日系企業の安全衛生活動にも取り入れてもらい、現地の従業員の安全意識の高揚と労働災害の防止に役立ていただくことを目的にしています。

設備安全

2019年、当社では設備事故は発生していませんが、他社で発生したプラント事故情報を活用し、安全管理の形骸化や作業員の技術、技能、意識の維持継続に繋げています。危険物設備の2大事故である「火災・爆発」、「漏洩」について、2016年から継続して着火原因である静電気の基礎教育を行うと共に、漏洩の主原因である腐食現象について定期的に各工場で教育を行い、意識・知識の向上を図りました。また、腐食に関するさらなるレベルアップや工場での設備腐食トラブル原因究明のため、外部専門機関との技術交流も開始しました。
さらに、作業員に対して変更管理に対する意識と知識教育等を階層別に行い、設備安全への管理強化を図っています。
ハード面では、設備の老朽化に対し、重要度に応じた日常点検や保守基準を設定し、実行しています。
今後も、中・長期的な視点で、計画的な人材育成も含めた、設備安全技術力の強化により一層取り組んでいきます。

* 設備面および運転条件などの変更に伴うリスクを防止するマネジメント活動

異常現象発生件数
2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
2 2 0 0 0 0 0

アスベスト対策

当社は、建物のアスベスト使用状況を調査し、飛散系アスベストの囲い込み、または除去を完了しました。プラントや建屋の解体・撤去工事などの際に、非飛散系アスベスト有無の分析確認を法遵守で対応しています。

海外生産技術交流会の開催

当交流会は、生産のグループ内連携の強化や、シナジー効果の最大化に向けて、日本および海外グループ会社の技術スタッフが集まり、開催しています。
第9回の海外生産技術交流会は、2019年9月4~5日に明石工場で行いました。参加者は、海外からの参加者18名含め、総勢約50名でした。交流会では、各国との生産情報共有化や、自動化・切替効率化などのテーマを設定し、当社グループでの協力体制構築について、活発な議論を行いました。今後もグループ全体での生産活動の向上に日々取り組みます。

第9回海外生産技術交流会の参加メンバー

参加した海外グループ会社

  • 韓国ライオン
  • 青島ライオン(中国)
  • タイライオン
  • ライオンウィングス(インドネシア)
ライオン 統合レポート2020 サステナビリティ編

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します