閉じる

環境とともに 事業所活動におけるCO2排出量削減

省エネルギー活動の推進

2021年、ライオングループは、事業所活動におけるCO2排出量を2030年までに30%削減(2017年比)から55%削減(2017年比)へと目標 を引き上げました。
まずは国内外の工場、オフィス等の様々な事業所で徹底的な省エネルギー活動によって、エネルギー効率の向上を図り、CO2削減に取り組んでいます。
特にエネルギー使用量の大きい生産部門においては、生産量原単位で毎年1%以上削減することを目標とし、生産効率化、高効率機器の導入、蒸気やエアー等のユーティリティのロス削減、熱回収等の省エネ活動を通じて、CO2削減を推進してきます。オフィスにおいても、各地のオフィスで「節電プロジェクト」を結成し、省エネ活動に取り組んでいます。
工場や厚生棟等の建屋を新設する場合にも、エネルギー効率を向上させる設備仕様とすることで、エネルギー使用量の削減に努めています。将来的には全工場のエネルギー消費状況を可視化、把握することにより、省エネ余地を見出し、さらなる省エネにつなげます。
今後も、さらなるCO2排出量削減に向けて、施策を推進していきます。

ライオンケミカル(株)
オレオケミカル事業所(坂出)(LCCOC)の新厚生棟
LCCOC新厚生棟の
省エネルギー性能表示

効率的な節電対策の推進により、2年連続で関東経済産業局長から表彰

当社は「令和元年度エネルギー管理優良事業者等関東経済産業局長表彰」において、省エネルギーへの貢献が顕著であった優良事業者等として表彰されました。
前年の東京オフィスビルの受賞に続き、本社ビルでの受賞となります。対象期間中(2014年4月から2019年3月)のBEMS(Building Energy Management System)データを活用し、機器ごとの稼働状況の把握と適正運転に努め、細かな節電等のエネルギー管理を実施することによりエネルギー削減を図った点が評価されました。(対象:本社ビル)

令和元年度表彰式の様子
令和元年度表彰式の様子
経済産業省関東経済産業局 局長表彰

温暖化防止への貢献により「おおさかストップ温暖化賞」 大阪府知事賞を受賞

当社は、大阪府が主催する平成30年度「おおさかストップ温暖化賞」においても、温暖化の防止等について、最も優れた取り組みを実施した事業者として大阪府知事賞を受賞しました。
大阪工場(堺市)において、全従業員参加型の省エネ活動、製造プロセスの変更や生産品種の変更によるエネルギー使用量の削減、省エネ型設備・機器の導入や機器の運用改善等、総合的に優れた取り組みを行い、温室効果ガス削減につなげていること等が評価されました。(対象:大阪工場、大阪オフィスの2事業所)

おおさかストップ温暖化賞
おおさかストップ温暖化賞
おおさかストップ温暖化賞

事業所活動におけるCO2排出量の推移(国内+海外)

figure
ESGデータはこちら

再生可能エネルギーの活用

当社グループでは、CO2削減目標達成のために徹底的な省エネ活動を進めた上で、CO2削減量の不足分については、自家消費用太陽光発電設備の導入や購入電力の再生可能エネルギー化が必要と考えています。

自家消費用太陽光発電設備の導入

自家消費用太陽光発電設備については、平井事業所に加え2021年には新たにLCCOCに新規導入しました。
また、海外では同年、Lion Corporation (Thailand) Ltd.(以下、タイライオン)に増設された新乾燥塔の建屋に太陽光発電設備を新設しました。
今後も、再エネ電力の供給源として運用を開始していきます。

photo
photo
平井事業所の太陽光発電設備
photo
photo
LCCOCの太陽光発電設備
photo
タイライオン新乾燥塔建屋の外観写真

購入電力の再生可能エネルギー化

タイライオンは、2021年の購入電力量に相当する分の再エネ証書(I-REC)を購入し、同社事業所で使用する電力のゼロカーボン化を実現しています。
国内外の事業所においても、順次再エネ電力への切り替えを推進し、2030年には事業所の購入電力の再エネ化比率100%を目指します。

photo
タイライオンのI-RECの証書受け渡し式

International Renewable Energy Certificateの略で、再生可能エネルギー証書制度のこと

Share