ページの先頭です

トップメッセージ

パーパス(存在意義):より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)

代表取締役会長 濱逸夫 代表取締役社長執行役員 掬川正純

(写真左)代表取締役 会長 濱 逸夫
(写真右)代表取締役 社長執行役員 掬川 正純

ライオンの歴史と強み

ライオンは、2021年10月に創業130周年を迎えます。これもひとえに多くの皆さまのご支援・ご愛顧のたまものと心から感謝申し上げます。
1891年にライオンの前身である小林富次郎商店を創業して以来、「より良い習慣づくり」を通じて、人々の毎日の健康で快適、清潔・衛生的な暮らしに役立つ企業を目指し、長きにわたり「事業を通じて社会のお役に立つ」ことを変わらぬ使命としてきました。
オーラルケア分野では、1896年に「獅子印ライオン歯磨」を発売、その後も日本初の児童歯科院の設立や歯科衛生士の養成、「全国小学生歯みがき大会」を開始する等、日本のオーラルケアの発展に貢献してきました。洗濯関連分野においても、生分解性の高い洗剤成分の開発やプラスチック使用量の少ない製品のコンパクト化、詰め替え容器へのシフト等地球環境の保全にも取り組んできました。また、衛生習慣づくりについても、日本のみならずアジアにおいて、『キレイキレイ』を通じて、各国の生活習慣に適した形で手洗い習慣の浸透を推進しています。

近年における課題

しかし、全世界を脅かしているパンデミック、地球環境問題など、当社を取り巻く環境は大きく変化しています。日本では、高齢化の進行に伴う医療費の増大が深刻な社会問題となっており、予防や健康な生活習慣の定着化が益々重要になっています。そしてアジアでは、経済発展に伴い、人々の健康意識や、快適で衛生的な生活環境へのニーズが高まっています。
しかしながら、多くの国や地域では様々な課題が残っており、私たちにも更なる事業活動の進化が求められています。また、ESG(環境、社会、ガバナンス)やSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた中長期視点での 取り組みも重要です。

「Vision2030」におけるサステナビリティ重要課題の位置づけ

このような社会環境の下、私たちは、「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する」という当社のパーパス(存在意義)を起点とし、経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向けた中長期経営戦略フレームとして「Vision2030」を策定しました。

「Vision2030」の全体フレーム

中でも、ESG視点により社会価値・経済価値を創出するため、「サステナビリティ重要課題 」を特定し、2030年の目標を設定しています。その中で、人々の幸せな毎日につながる「健康な生活習慣づくり」と「サステナブルな地球環境への取り組み推進」を、経営資源を投下して競争優位を獲得する最重要課題として位置づけました。また、2019年6月に制定した環境目標「LION Eco Challenge 2050 」では、すべてのステークホルダーとのパートナーシップによって、脱炭素社会、資源循環型社会の実現にチャレンジする姿勢を示しています。

サステナブルな経営を目指して

サステナブル経営を強化する仕組みとしては、社長を含む業務執行役員全員を構成メンバーとした「サステナビリティ推進協議会」を新たに設置しました。サステナビリティ最重要課題である「健康な生活習慣づくり」と「サステナブルな地球環境への取り組み推進」については、今まで以上に経営陣が一丸となって取り組んでいきます。「サステナビリティ推進協議会」で決定した内容は、執行役員会・取締役会に付議・報告し、各業務執行部門の事業活動に反映すると共に、ライオングループとしてのガナバンスも強化していきます。

今後もSDGsの達成や、サステナブルな社会への貢献に向けて、これまで行ってきたよりよい生活習慣づくりで得た幅広い知見と当社の強みである「生活者視点」のマーケティング力・研究開発力を駆使し、成長戦略の推進を加速させることで、健康・快適・清潔な毎日とサステナブルな社会の実現に貢献していきます。

代表取締役 会長

濱 逸夫

代表取締役 社長執行役員

掬川 正純

が付く項目はサステナビリティ以外のコンテンツへ移動します