ページの先頭です

研究活動:基盤技術研究

香料技術

香りは、日常生活を健康で豊かなものにします。
食べ物の美味しさ、気分を快適にする働きだけではなく、悪臭によって危険を察知する機能も果たします。
ライオンでは、1000種類以上の香りを嗅ぎ分ける香料技術の専門家が、最新技術を駆使して、豊かな生活を送るために日々研究を行っています。

研究事例紹介

創香技術

100年以上の歴史を持つライオンの歯磨きは、品質の良いミントに
こだわり、コンセプトやターゲットにあわせて香味設計をします。
味と香りのバランスは、熟練の技術を引継ぎながら、科学的な
アプローチとアートを融合した成果です。

評価技術

生活者視点で製品カテゴリーごとに細かく評価法を設定し、製品設計をします。

★良い香りの探求:

生活者の香りの嗜好性を把握し、常に新しい香りを提案するため、ライオンでは
香りのトレンド研究を20年以上継続しています。

★臭気課題への挑戦:

生活者のライフスタイル変化に伴い、機器分析と官能評価を駆使した ニオイケア技術に取り組んでいます。

感性研究

五感は、感覚間相互作用があるため、嗅覚を刺激することによって、
他の感覚にも影響を及ぼします。
ライオンはクロスモーダル研究を20年以上継続しており、嗅覚と味覚はもちろん、触覚、聴覚、視覚との影響を研究し、学会でその成果を報告しています。

外部発表(香料技術)

  • 日本心理学会 第81回大会 (2017)

    柔軟剤の香りがタオルの感触や部屋の雰囲気に与える影響

  • 13th Pangborn Sensory Science Symposium (2019)

    Verifying the interactive effects of fragrance and color for improving value of fabric softener