ページの先頭です

次世代方針

基本方針

「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」
の成長エンジンとしてイノベーション創出に貢献する

ライオンの研究開発は、お客様の「健康」「快適」「清潔・衛生」を通じて、
―人ひとりの「心と身体のヘルスケア」を実現する製品・サービスの開発により、
もっとさりげなく、楽しく、前向きな「顧客体験価値」を創出します。

次世代方針

研究開発のミッション

  • ①社内外の資源との新結合による新たな顧客体験の創造
  • ②継続的にイノベーションを創出し、確かな品質の製品をスピーディーにお客様へお届けする
  • ③「より良い習慣づくり」に資する正確で生活者にとって分かりやすい情報のタイムリーな発信

Vision2030を踏まえた取組み

Vision2030の実現に向けて、既存事業の更なる効率化を進め、開発のスピードアップを図るとともに、新たに設定された4つの提供価値領域の推進を加速しています。

①イノベーション創出に向けたデジタル技術の活用

研究開発のスピードアップに向け、ロボットによる実験業務の自動化やAIによる組成開発など、デジタル技術を活用した開発業務の効率化を進めております。また、最新のデータサイエンスの知見を応用した新価値提案も進めております。当社独自の口腔データ等を利活用した様々な技術・サービスのアイデアが日々、研究の現場から生まれています。

②オープンイノベーションを活用した清潔・衛生分野強化

コロナ禍を通じて社会ニーズが高まった衛生分野での新価値提案に向け、先進技術のキャッチアップや外部パートナーとの協業を進めています。
衛生分野は手洗い行動だけではなく、衣類のケアや口腔ケアなど様々な生活シーンを通じて価値提案ができる領域です。当社が日々の生活習慣に関わる様々な事業領域を有することを強みに、社内外の連携を強化してお客様の「より良い衛生習慣づくり」に資する独自性のある製品、サービス、情報をスピーディーかつタイムリーに発信していきます。