ページの先頭です

研究活動:製品開発

医薬品

セルフメディケーションの伸展を背景に多様化する生活者の健康ニーズに対応して、常に、独自技術の活用による高機能製品の開発をしています。これまでに、有効成分を速く溶かす独自の技術を生かした「バファリン」、ビタミンAの安定配合技術を活用したビタミンA配合点眼剤「スマイル」や、高分子技術を活用し、肌に優しく高粘着を実現した外用消炎鎮痛剤「ハリックス」、口腔内速崩壊錠技術を駆使し"どこでも水なし1錠"を実現した下痢止め薬「ストッパ」等のオンリーワン製品を開発してきました。今後も、更に独自性の高い技術に基づいた製品開発を積極的に行っていきます。

研究事例紹介

外部発表(医薬品)

  • 第139回 日本薬学会 (2019)

    アスピリンの使用場面を想定したラット炎症性疼痛モデルにおける鎮痛効果の比較

  • Life Science (2019)

    Mechanism of aspirin-induced inhibition on the secondary hyperalgesia in osteoarthritis model rats

  • PLOS ONE (2019)

    Nonsteroidal anti-inflammatory drugs and acetaminophen ameliorate muscular mechanical hyperalgesia developed after lengthening contractions via cyclooxygenase-2 independent mechanisms in rats

  • 日本油化学会 (2019)

    The Effect of Nonpolar Lipids in Meibum on Stability of Tear Film Lipid Layer against Compression-Expansion Cycles

  • Journal of Ocular Pharmacology and Therapeutics (2019)

    Effects of benzalkonium chloride and preservative-free composition on the corneal epithelium

ニュースリリース