ページの先頭です

研究活動:製品開発:ヘルスケア製品

コンシューマープロダクト

人々の口腔内・身体を清潔で健康に保つとともに、美しくかつ若々しく見せ、人々の心に潤いを与えてQOL(Quality of Life)向上に繋がる商品の開発を進めています。具体的には、機能・使用感に優れたハミガキや洗口剤、人間工学に基づき設計したハブラシ、優れた洗浄力と皮膚のバリア性を両立するボディソープ、皮膚や毛髪の感触を制御するシャンプーリンス、体臭発生機構に対処した制汗剤などを開発しています。また、人体への作用を調べるため臨床試験を行うなど、製品機能・品質を科学的、客観的に立証し、生活者に真に役に立つ製品開発を心がけています。

研究事例紹介

外部発表(ヘルスケア製品 コンシューマープロダクト)

  • 第149回日本歯科保存学会秋季学術大会 (2018)

    歯周病予防におけるホストケアの重要性とビタミンEの作用について

  • 日本女性医学学会 (2018)

    女性ホルモン補充療法が頭髪に与える影響の定量的検討

  • 公益社団法人日本毛髪科学協会
    第68回全国セミナー (2018)

    頭皮・毛髪ケアを中心としたヘアケア技術について

  • 化学工学会第50回秋季大会 (2018)

    球形多孔質粒子に対するナノ粒子の被覆がその粒子膜上における水分乾燥挙動に及ぼす影響

  • 公益社団法人 日本毛髪科学協会 (2018)

    女性ホルモンと毛髪

  • 皮膚と美容 (2018)

    頭皮・毛髪の洗浄技術について

  • コスメティック・ステージ (2018)

    化粧品微生物汚染防止のポイント

  • Frontiers (2018)

    Gene expression order attributed to genome reduction and the steady cellular state in Escherichia coli

  • フレグランスジャーナル (2018)

    Offensiveな防腐剤Defence戦略
    防腐剤を最小限に抑え棒浮力を最大限に発揮させる技術

ニュースリリース