ページの先頭です

研究活動:製品開発:ヘルスケア製品

コンシューマープロダクト

人々の口腔内・身体を清潔で健康に保つとともに、美しくかつ若々しく見せ、人々の心に潤いを与えてQOL(Quality of Life)向上に繋がる商品の開発を進めています。具体的には、機能・使用感に優れたハミガキや洗口剤、人間工学に基づき設計したハブラシ、優れた洗浄力と皮膚のバリア性を両立するボディソープ、皮膚や毛髪の感触を制御するシャンプーリンス、体臭発生機構に対処した制汗剤などを開発しています。また、人体への作用を調べるため臨床試験を行うなど、製品機能・品質を科学的、客観的に立証し、生活者に真に役に立つ製品開発を心がけています。

研究事例紹介

外部発表(ヘルスケア製品 コンシューマープロダクト)

  • 第55回日本小児歯科学会 大会 (2017)

    曲がりやすさを特長とする新子供用歯ブラシの清掃力に関する研究

  • 第28回日本老年歯科医学会 学術大会 (2017)

    超音波洗浄器と液体洗浄剤を併用した義歯洗浄システムについて

  • 化学工学会 第81年会 (2016)

    球状多孔質粒子/シリカナノ粒子複合体の調製とその乾燥特性

  • 粉体工学会 春季研究発表会 (2016)

    機械的複合化条件がシリカナノ粒子を被覆した球状多孔質粒子の微構造とその粒子膜上における水分乾燥挙動に及ぼす影響

  • 10th World Congress for Hair Research (2017)

    Reversal of the hair loss phenotype by modulating the estradiol-ANGPT2 axis in the mouse model of female pattern hair loss

  • 30th Conference of the European Colloid & Interface Society (2016)

    Mechanism for Forming Composite Film of Aluminum Salt / Anionic-polyme

  • Journal of Dermatological Science, 87(1),79 (2017)

    The ovariectomized mouse simulates the pathophysiology of postmenopausal female pattern hair loss

  • Colloid & Interface Communication, 42(3), 52 (2017)

    皮膚洗浄剤における機能成分の皮膚吸着技術の開発

ニュースリリース